オシャレインテリアに挑戦!空間を引き締める黒を上手く取り入れる。

 

黒と茶色の木部の組み合わせでナチュラルテイストにも

出典 | MODULNOVA 

住宅の素材で馴染みが深い物が木です。建物の構造材から下地材、仕上げ材とありとあらゆる部分で木が一般的に使われていて手触り、色彩、質感共に好まれる材料です。こういった自然素材を組み合わせることで黒色がもつクールさと木の茶色がもつ柔らかさ、優しさがうまくマッチしてまろやかになります。コーヒーでいうところのシュガー、ミルクの役割です。木部が合わさることで印象が明るくなり、また木部の色具合によりポップな感じにもなります。ウォールナットなどのダーク目の木部と合わせると大人な感じの印象にも出来ます。黒と他の茶系で異種素材を合わせる事と木の茶系を合わせる事の違いは先で述べたように自然素材というところが大きい要因です。手で触りたくなる、触って温もりが伝わる素材という認識が高いものと組み合わせることで色以外の印象で暖かみと黒のクールさを頭の中でうまくブレンドして理解するようになります。キッチンやダイニングでは調理・食事という行為を行う場所なので口にする食べ物を扱う場所では温もり感があると心理的に落ち着くことができます。

 

黒とゴールド(金色)で非日常の演出に

出典 | American home furniture 

黒とゴールドの組み合わせはハイスペックブランドでもおなじみの組み合わせでもあります。黒の背景にゴールドのロゴが浮き上がって光るロゴなどをお見受けになられる方も多いかと思います。一般的にゴールドは非日常の色の印象をお持ちの方も多いと思いますが実は何気ない日常でよく使われています。金物関係であればほとんどがゴールドかシルバーですよね。バッグや小物類のファスナー、ベルトのバックル、靴の金具や携帯まで、生活のあらゆる部分にさりげなく使われているゴールドは黒との相性がバッチリです。そして黒はその物の存在を最大限に引き上げてくれるので黒とゴールドの組み合わせは高級感や艶やかさの印象を持たれる方が多いと思います。でも使う素材の質感によって強い高級感の印象を和らげることも可能です。日常の取り入れながらも非日常のスタイルを演出するには空間の演出よりも小物や家具で表現すると良いのではないでしょうか。何気なく纏められた空間の設えに存在感のある大きな家具がゴージャスな色バリエーション。もちろん生地はファブリックなので艶やかな感じを拭えれば優しい印象にも近づきます。来客を案内する場所などの特別な場所に取り入れると利用される人の印象も大きく変わるはずです。

黒を背景にワンポイントカラーで色と組み合わせる

出典 | Casa Cook Kos 

黒は存在を消し去る効果もあります。その為壁一面や天井一面で面使いする事で空間に広がりを与えてくれます。また、黒の手前に重ねて置いた色を引き立てる輪郭を出す効果があるので黒の壁を背景に色があるものを置けばそれだけでおしゃれな演出になります。額装や家具、ソファ、その他の飾りなどでも同様で黒のトーンと近しい色でディスプレイを配置すれば大人っぽくもなります。逆にビタミンカラーのようなビビットな色使いで使用して会えればエキゾチックな演出にも一役買います。クラシックな雰囲気が好みの方や商業スペースで用いられる場合、展示会などでも黒を背景に入れることが多いのもそういった空間の曖昧さと色を引き立てるために考えられています。黒に対して飾る物の数やボリュームちりばめ方でシックにもゴージャスにもポップにも引き立てられるので、全体のバランスを見ながら整えれば簡単におしゃれな空間が出来上がりますのでインテリアを今後改めたい初心者の方にも最適な演出方法です。

1 2 3