オシャレインテリアに挑戦!空間を引き締める黒を上手く取り入れる。

モノトーン調でモダンな雰囲気に

出典 | HOME DESIGN 

黒のフローリングと白の壁がシックでモダンな印象にしてくれるシンプルでスッキリとしたスタイルは大人の日常の演出にとても効果的です。壁・床・天井・大きな家具と部屋の大部分を占めるマテリアルの色分けを2色で纏めることでスタンダードなオシャレさを醸し出しています。色のトーンは数を纏めることでより成熟した大人の落ち着きがあふれ出るインテリアではクッションや花瓶、額装など、部屋を飾るアイテムだけ落ち着いた系統の色で纏めることで更におしゃれ度が増します。昼間の光が入る時間帯でも白い壁に日射が反射して部屋の隅々まで光が届くので多くの人が様々な事をするリビングなどのインテリアにはとても最適な空間です。

 

黒と茶色の木部の組み合わせでナチュラルテイストにも

出典 | MODULNOVA 

住宅の素材で馴染みが深い物が木です。建物の構造材から下地材、仕上げ材とありとあらゆる部分で木が一般的に使われていて手触り、色彩、質感共に好まれる材料です。こういった自然素材を組み合わせることで黒色がもつクールさと木の茶色がもつ柔らかさ、優しさがうまくマッチしてまろやかになります。コーヒーでいうところのシュガー、ミルクの役割です。木部が合わさることで印象が明るくなり、また木部の色具合によりポップな感じにもなります。ウォールナットなどのダーク目の木部と合わせると大人な感じの印象にも出来ます。黒と他の茶系で異種素材を合わせる事と木の茶系を合わせる事の違いは先で述べたように自然素材というところが大きい要因です。手で触りたくなる、触って温もりが伝わる素材という認識が高いものと組み合わせることで色以外の印象で暖かみと黒のクールさを頭の中でうまくブレンドして理解するようになります。キッチンやダイニングでは調理・食事という行為を行う場所なので口にする食べ物を扱う場所では温もり感があると心理的に落ち着くことができます。