リゾート気分に早変わり!バリ風コーデを自宅でも取り入れよう

出典 | 温もりあるアジアンインテリア 

全てがラタンや木で設えると重すぎると思われる方も、アジアン素材はそれらだけではありません。南国リゾートの雰囲気溢れる小物入れ。バリ島のホテルやスパで、コットンケースや綿棒スタンド、ティーパックやスティックシュガー、キャンディー入れ等に使用されているのを見かけるガラスのケースも民芸品のような風合いでリゾート感を醸し出します。ドレッサーやリビング、サニタリールームなどに置くとその場がアジアンリゾートに様変わりします。ハンドメイドのガラスの容器は少し緑がかったいて綺麗で透き通った色合いになっていて、涼しげで爽やかな印象を与えてくれます。トレイの上に置いて飾ったり、他のサイズと一緒に使うとより涼しげな印象になります。コットンなどのメイク小物やアクセサリーの収納にとっても便利なアイテムを使うと実用的で気分も高まります。

 

— 部屋に植栽を配置して空気をリゾート風に彩ろう —

出典 | HER NEW TRIBE 

アジアンリゾートの魅力は見た目ではない空気感や癒しの雰囲気に魅き込まれる部分にもあるかと思います。そんなアジアンインテリアにぜひともプラスしてもらいたいのは観葉植物です。アジアンインテリアはお部屋にエキゾチックな雰囲気を漂わせてくれますよね。家具や雑貨は、自然素材を生かしたダークブラウンやブラウン、さらにベージュやオフホワイトなどが基本色となります。観葉植物はこうした自然素材の色と相性が良いのはもちろんのこと、葉のグリーンが効果的な差し色としての役割も果たすのです。またアジアン家具は高さが低めに抑えられていることが多く、お部屋の天井が高く感じられるようになっています。その反面、家具と天井の間に余白ができてしまうこともあります。ソファーにもたれたとき、目線の先に何もなかったら少し寂しいですよね。一方、目線の先に観葉植物のグリーンが揺れていたらどうでしょうか。部屋にこういったワンポイントの緩和アイテムがある事でアジアンインテリアに一貫性も出てよりリアルに空気感を感じられリラックス効果が、さらに高まりそうです。ここで試してみたい観葉植物の種類についてもご紹介します。

葉っぱの形が特徴的な ” モンステラ “

深い切り込みの入った独特の葉形が美しい観葉植物です。耐陰性が強いので、お部屋の中の多少日当たりが悪い場所でも育てることができます。乾燥に強いので、水やりは鉢土が乾いてきたタイミングで行ってください。モンステラと言えばハワイアン雑貨のモチーフなどに使われることも多いため、ハワイのイメージが強い観葉植物という印象をお持ちの方も多いかもしれません。しかし実はアジアンテイストにも違和感なく溶け込んでくれるのます。モンステラの美しい独特の葉は、リゾート気分を高めてくれます。

大きめの葉の ” オーガスタ “

スッと伸びた茎と大きな葉が印象的な観葉植物です。日光を好むのでお部屋の中でも日当たりの良い場所で育てる事をオススメします。乾燥に強いので、水やりは鉢土が乾いてきたタイミングで行います。バナナを思わせる大きな葉がトロピカルな気分を盛り上げてくれるので、アジアンリゾートなお部屋にぴったりの観葉植物です。さらに大きな葉には蒸散作用もあるので、乾燥しがちな季節でもお部屋の湿度を快適に保てる効果的な植物です。

1 2 3 4