涙活でストレス発散!泣ける小説 4選

さらに、ストレスがきちんと解消されることにより、免疫力の上昇やうつ病の予防、ダイエット効果も期待できるそうなんです。

「本を読んで感動する男性本を読んで感動する男性」[モデル:紳さん]のフリー写真素材を拡大

出典 | 本を読んで感動する男性|ぱくたそフリー写真素材

また、涙活をするときには、いくつかポイントがあるんです。1つは涙活をする時間帯です。副交感神経が優位になりやすいのは、夕方から夜にかけてなので、その時間にするようにしてください。もう1つは場所です。できれば部屋を暗くして、思いっきり泣ける環境でやるようにしてください。この2つのポイントを押さえて涙活すればきちんと効果が得られるそうです!

泣けるドラマや映画ももちろん涙活にはもってこいなのですが、今回は泣ける小説を紹介したいと思います!

1.「雨の日も、晴れ男」 水野敬也

スペシャルドラマ、連続ドラマと2回映像化された「夢をかなえるゾウ」の著者の小説です。夢をかなえるゾウと同様に、笑えるのに生きることに大切な何かを教えてくれる作品です。

1 2 3 4