蜂蜜にも栄養の違いがある!?生蜂蜜の効用について。

はちみつと聞くと思いつくのが、「お肌にいい」、「健康になれる」などを思いますよね。そんな ” ハチミツ ” にもいろんな種類があるのは、ご存知でしょうか。またその ” ハチミツ ” にも「生」とそうでないものが存在します。

その ” ハチミツ ” って本物の「生ハチミツ」と思って購入していませんか?もしかしたら風味だけかもしれません。本物なら、” ハチミツ ” に含まれる殺菌能力やビタミン・ミネラルなどの栄養効果は絶大です。でも、風味だけではその効果は1ミリもありません。実際に「生ハチミツ」の見分け方をご紹介します!

—生ハチミツとは—

「生ハチミツ」は「純粋ハチミツ」とも言います。加熱処理をされていない非加熱のハチミツの事を差します。古代エジプトのお墓からハチミツが発見されました。(約3,300年前)そのハチミツは、ほとんど当時のままのだったそうです。保存されていた環境にもよりますが、天然100%のハチミツは殺菌力が非常に強く、長期保存が可能なので賞味期限がないとも言われています。(現在は賞味期限を明記しなくてはいけないので記載されています)健康や美容に良いといわれる「生ハチミツ」にはビタミン、ミネラル、酵素など栄養成分が豊富に含まれています。その栄養成分は42℃以上の加熱で壊れてしまいますのでこの温度が分岐点となります。

—栄養価—

生ハチミツには豊富な栄養素が含まれていて、別名「自然界のサプリメント」や「天然の美容液」と言われています。生ハチミツはブドウ糖と果糖で出来ており、そのほかにビタミン類、ミネラル類、アミノ酸、酵素、ポリフェノール、糖類、有機酸など190種類以上の栄養成分が確認されています。

—ハチミツの種類について—

ハチミツは3種類あり、それぞれランクがありますので見ていきましょう。

1.純粋ハチミツ

加熱など一切の加工処理をしない天然のハチミツ

2.加糖ハチミツ

ハチミツに水あめやブドウ糖、ショ糖などを加えたもの

3.精製ハチミツ

加熱や減圧窯などでハチミツを脱色や脱臭などして作られたもの

この3種類のハチミツのうちおすすめは「純粋ハチミツ」です。「純粋ハチミツ」はミツバチが採ってきた花の蜜を巣の中に運び、そこでハチミツの水分を飛ばすために羽ばたき続けて
とろっとするまで濃縮させてできたものです。ちなみに「純粋ハチミツ」と呼べるのは国産水分の含有量が23%以下、外国産は20%以下のものだけだと規定で決められています。「純粋ハチミツ」の特徴は豊富な栄養成分が含まれているので一般的に言われているハチミツの美容や健康に関する効果や効能を得ることができます。

一方「加糖ハチミツ」や「精製ハチミツ」は人工的に作られています。「加糖ハチミツ」は水あめなどが加えられたものですが中にはほとんどが水あめで「ハチミツはほんの少し」という
商品があります。これはハチミツよりも水あめなどの方が安価で原価を抑えるために加糖します。「精製ハチミツ」は本来加熱が必要ないハチミツをあえて加熱して作られます。ハチミツは加熱処理をしなくても衛生上問題もありません。防腐剤を入れなくても長期保存が可能です。逆に高温で加熱処理することで酵素やビタミン類などの栄養成分が飛んでしまうので本来なら避けるべき方法ですがそれではなぜ加熱をするはなぜかというと、上記でも書いたようにミツバチが羽ばたいて水分を飛ばすのには時間がかかるので生産効率を上げるには高温で加熱した方が時間が短縮できるのです。また、ハチミツは固まりやすいのですが加熱することで溶けやすくなるので容器に詰める作業も効率が上がり生産性向上に繋がります。

—偽ハチミツの見分け方—

加工処理をしていない天然のハチミツが ” 本物 ” の「純粋ハチミツ」ですが実際には「加糖ハチミツ」や「精製ハチミツ」といった ” 加工品 ” のハチミツが「純粋ハチミツ」として販売されていることが多いのが日本の現状です。日本には全国はちみつ公正取引協議会という組織が
ありますがその規約では自然のハチミツも人工的に加熱処理などしたハチミツも全て「純粋」と表記するとなっているのです。またこの組織は業界内の団体なので加入義務もなく全国の養蜂業者の中でも数パーセントと言われて検査もゆるいのであまり信頼ができません。そのため一般の消費者が見ただけでは「純粋ハチミツ」かどうかはわからない場合がほとんどです。ではどのように見分けるべきか、、、

1 2