埼玉の新名所?ららぽーと富士見の楽しみ方教えます!

埼玉というと、「ださいたま」なんていう愛称(?)からも伝わってくるように、ベッドタウンのイメージが強く、都会的な印象はあまりない方が多いのではないでしょうか?確かに、実際住んでいても高いビルはあまりないですし、車で数分も走れば畑や田んぼがちらほら・・・という感じで、お隣の大都会東京とは、かなり違った雰囲気。

でも、そんな埼玉にも、2009年にはららぽーと新三郷、2015年にはららぽーと富士見がオープンし、三井系列の大型ショッピングモールが2店舗も続けてオープン。最近の埼玉は賑わいを見せているんです!

出典 | 埼玉県富士見に「ららぽーと富士見」、コンセプトは体験&コミュニティー│WWD JAPAN

さらに、ららぽーと富士見は、300近い店舗数と映画館があり、都心ではできない規模の店舗数を展開しています!また、ららぽーと富士見の最寄り駅となる東武東上線鶴瀬駅は、池袋から30分ほどで来ることができるので、板橋区周辺からの買い物客も多いんです。

ということで今回は、郊外ならではの大型ショッピングモール、埼玉のららぽーと富士見の楽しみ方を紹介したいと思います!

1.チームラボアイランド

渋谷ヒカリエで現在開催されている「未来の遊園地」や、受付システムの開発、デジタルインフォーメーションから、NHK大河ドラマのOP、ミラノ、パリ、ニューヨークなど世界中で行われている展覧会まで、アート・サイエンス・テクノロジー・クリエイティビティの境界を越えて活動しているチームラボ。テレビCMなどで聞いたことがある方も多いかもしれません。

そんなクリエイター集団、チームラボがららぽーと富士見で常設展示をおこなっているんです。子どもたちが紙に描いた魚たちが、目の前の壁に色鮮やかにあらわれ泳ぎだす、「お絵描き水族館」や、部屋に置かれた大小さまざまな光るボールを転がすことで色や音が変化する、「光のボールでオーケストラ」など、光や映像、音などを使ったアートアトラクションが、9作品常設展示としておかれています。

出典 | チームラボアイランド : ”ららぽーと富士見”の話題のスポットの評判をまとめてみた – NAVER まとめ

子ども連れのファミリー向けの展示も多いので家族でももちろん楽しめますが、デートで訪れて二人で童心にかえって思いっきり展示で楽しんでみても、きっと楽しめるはずですよ。

2.ショッピング

ららぽーと史上2番目という大型ショッピングモールであるららぽーと富士見は、もちろんショッピングも充実しています。アパレルショップは100店舗以上もあり、レディスはもちろんメンズ、子供服、流行りの服から定番の服、着物、スーツまで、なんでも揃っちゃうんです。

出典 | ららぽーと富士見にZARA!求人募集も! | ららぽーと富士見へ行こう♪

アース、グローバルワーク、ニコアンドなど若い女性向けのブランドから、ザラやベルシュカ、センスオブプレイスバイアーバンリサーチなどのプチプラブランド、コロンビアやLLBeanなどのアウトドアグッズのお店など、幅広いジャンルの幅広いブランドがそろっているんです!

1 2 3