本場イタリアに学ぶ!サクサクッとしたフリットを作ろう!

揚げものというと、調理方法としては、天ぷらや唐揚げ、素揚げなどがあります。さらにもう一つ、フリットという調理法もあります。他の揚げものとは少し違った、サクサクでふんわりとした食感に仕上がり、特に女性や子どもに喜ばれます。パーティーメニューにもピッタリ。今回は、料理研究家の筆者が「フリットの作り方や美味しく食べる方法」をご紹介します。

◆フリッターとフライの違いは

・パン粉をつけると ” フライ “

出典 | maximum 

フライは一般的に、食材を小麦粉、溶き卵、パン粉の順につけて揚げたものを指します。エビフライやカキフライなど、フライは昔からわたしたち日本人にとってなじみがあり、家庭でも作られることが多かったのでそのような定義があることを知っていた方も多いのではないでしょうか。

・衣にメレンゲが入ると ” フリット “

一方、フリットは食材に、小麦粉・卵黄・油・牛乳・塩、そしてメレンゲの入った衣をつけて揚げたものを指します。メレンゲとは、みなさんご存知のように卵白を泡立てたものです。メレンゲを衣に使うことで、外はカリカリ、中はふわふわといった仕上がりになります。ただし最近ではビールや炭酸水、ベーキングパウダーなどで、メレンゲを使わずにふんわりとした食感を出しているものもフリットと呼ばれています。
ちなみに、フリットと似たような名前の料理で「フリッター」というものがありますね。このふたつは、とくに違いはないとされています。衣にメレンゲを加え て作る揚げものを、イタリア語ではフリット、英語ではフリッターと言うのです。また、フランス語ではベニェと呼ばれます。
・番外編の ” チップス “

出典 | note 

1 2 3 4