自分により磨きをかけろ!使ってみると全然違うおすすめ歯ブラシ

今回はその「歯」を守るために必要なメンテナンスをご紹介します!歯は笑顔の時も話をしている時も常に見られるので注意して考えてみましょう!

◆自分に合った歯ブラシを探そう!

歯ブラシを選ぶ際に大切にする事は『歯垢がよく落とす事ができて、歯茎を傷つけない』ことです。歯垢をしっかり落とすことで、虫歯や歯周病の原因となる菌を除去することができます。歯茎が傷ついてしまうと、細菌に感染しやすくなります。感染した結果、歯茎が腫れやすくなります。歯磨きはしているけど、歯肉が腫れていたり、歯垢が溜まっている、それは正しい歯磨きをしらずになんとなく磨いているか、自分に合った歯ブラシで磨けていない証拠です。だからこそ、ちゃんと自分に合った歯ブラシを選びましょう。ここでは、しっかりと歯垢を落とし、歯茎を傷つけない歯ブラシを選ぶポイント お伝えします。

1-1:平らな毛に触れてみよう

この世には、真っ平らなものからギザギザしたものなど、いろんな毛の形状の歯ブラシが売られていますよね。基本的には一直線で平らにカットされた歯ブラシがおすすめです! それは平らな形状は歯垢が溜まりやすい歯と歯肉の境目を磨くのに適しているためです。スーパーやドラッグストアでは、山切りになった歯ブラシがよく売られていますよね。こうした商品は歯間の挟まった歯垢を落とすためにギザギザの加工がされているのですが、この形状は一般的に毛先が寝やすいため、歯垢除去の効率が下がってしまいます。昔の歯ブラシのCMでは、ローリング法といってブラシをぐるっと回転させて磨くシーンがありました。その方法が主流だった頃は、山切りの意味がありました。現在はブラシを小刻みに動かすバス法が主流のため、山切りの意味はありません。歯間に挟まった歯垢をしっかり落とすのであれば、デンタルフロスを使いましょう。デンタルフロスであれば、歯並びが悪い人でも歯間をばっちり清掃することができます。

1-2:自分に適した毛の硬さを選ぼう

歯ブラシのコーナーに行って気付くのは毛の硬さが ” ふつう ” 、” やわらかめ ” 、” かため ” がある事です。たいていの人には ” ふつう ” 、もしくは ” やわらかめ ” がおすすめです。 ” かため ” は、ご年配の方や子供などの手の力が弱い人であれば適していますが、一般の人が使った場合は力の加減によって歯茎を傷つけてしまい、口内炎を発生させたり、歯茎が下がってしまう原因になります。特に自己流で磨いている方は、ブラシの圧力が強い傾向にありますので注意が必要になります。また、 ” ふつう ” と ” やわらかめ ” だった場合は ” ふつう ” をおすすめします。 ” やわらかめ ” のブラシだと、柔らかいゆえにブラシの毛先が寝てしまう事があり、歯垢の除去の効率が悪くなってしまう場合があります。しかし、 ” ふつう ” でも力を入れすぎて歯茎の炎症を起こしてしまう人はそちらの ” やわらかめ ” を使用する方が良いでしょう。気になる方は現在の自分の歯茎の健康状態の確認も兼ねてお近くの歯医者さんでメンテナンスをしてブラッシング指導を受ける事も試してみて下さい。

1-3:ブラシの先端は「小さいもの」が磨きやすい

先端のブラシが大きい歯ブラシだと、前歯の表面は磨きやすいのですが、大きすぎることにより奥歯まで歯ブラシが届かず、磨き残しを作ってしまいます。特に男性と比べあごの大きさが小さい女性は、先端のブラシが「小さいもの」でないと磨きにくいはずです。奥歯もケアするためにも、「小さいもの」を選ぶことが大事です!目安として、奥歯2つ分の大きさがベストです。

◆おすすめ歯ブラシ5選

・GUMデンタルブラシ

1 2 3 4