ベジタリアンはただの食生活ではない!ロンドンから学ぶ食文化

多くの先進国ではすっかりライフスタイルの中心にあるベジタリアン(菜食主義者)。日本でもそれが浸透するかどうかはファッションやインテリアなどの業界で起こる ” トレンド ” とはまた別物である為、比較して考える事は出来ません。まずは日本国内に居ると聞き慣れない「ベジタリアン」について学ぶ事から始めましょう!

◆ベジタリアン(菜食主義者)

” ベジタリアン “は一般的には「菜食を中心とした食生活を実践する者」の総称として ” ベジタリアン ” という言葉が使われています。一方、英国では ” ベジタリアン ” は「穀物、豆類、ナッツ類、種、野菜、果物をとり、乳製品はとらない者」または「肉、家禽肉、狩猟肉、魚、貝類、甲殻類、食肉処理により生じた副産物をとらない者」と定義しています。その他にもベジタリアンを名乗る上でさらに細分化された定義で定められています。

○ビーガン:蜂蜜を含め、一切の動物性食品を食べない

○オボ・ベジタリアン:肉類・魚介類・乳製品は食べないが、卵は食べる

○ラクト・ベジタリアン:肉類、魚介類・卵は食べないが、乳製品は食べる

○ラクト・オボ・ベジタリアン:肉類、魚介類は食べないが、乳製品と卵は食べる

○ペスクタリアン:肉類を食べないが、魚介類は食べる

特にビーガンは、一切の動物性素材を生活から完全に排除する点でベジタリアンの中で最も厳しく定義されています。英国ビーガン協会は、「ビーガンは食生活よ言うより、生活様式である」としており、また、「ビーガンを含むベジタリアンの元来の目的は動物性原料を主に食生活から回避すること。健康的な食生活を送るという観点は、本来の目的に含まれているわけではない」とされています。しかし、近年は食生活のみでビーガンを取り入れる「ダイエタリー・ビーガン」と呼ばれる消費者が多く、動物性の原料を使用する衣服や化粧品といった日用品なども一切使用しない(本来の)ビーガンは「エシカル(倫理的な)・ビーガン」と呼ばれることもある。ビーガンズの従業員によると、「本来、ビーガンは、生活の全てから動物性製品を排除するものだが、近年のビーガン人気により、取り入れやすい『ダイエタリー・ビーガン』の方が急激に広まったために、『ダイエタリー・ビーガン』と『エシカル・ビーガン』は、今では別のものとしてそれぞれ発展している」と言われています。

◆ベジタリアンの動向