ベジタリアンはただの食生活ではない!ロンドンから学ぶ食文化

○ビーガン:蜂蜜を含め、一切の動物性食品を食べない

○オボ・ベジタリアン:肉類・魚介類・乳製品は食べないが、卵は食べる

○ラクト・ベジタリアン:肉類、魚介類・卵は食べないが、乳製品は食べる

○ラクト・オボ・ベジタリアン:肉類、魚介類は食べないが、乳製品と卵は食べる

○ペスクタリアン:肉類を食べないが、魚介類は食べる

特にビーガンは、一切の動物性素材を生活から完全に排除する点でベジタリアンの中で最も厳しく定義されています。英国ビーガン協会は、「ビーガンは食生活よ言うより、生活様式である」としており、また、「ビーガンを含むベジタリアンの元来の目的は動物性原料を主に食生活から回避すること。健康的な食生活を送るという観点は、本来の目的に含まれているわけではない」とされています。しかし、近年は食生活のみでビーガンを取り入れる「ダイエタリー・ビーガン」と呼ばれる消費者が多く、動物性の原料を使用する衣服や化粧品といった日用品なども一切使用しない(本来の)ビーガンは「エシカル(倫理的な)・ビーガン」と呼ばれることもある。ビーガンズの従業員によると、「本来、ビーガンは、生活の全てから動物性製品を排除するものだが、近年のビーガン人気により、取り入れやすい『ダイエタリー・ビーガン』の方が急激に広まったために、『ダイエタリー・ビーガン』と『エシカル・ビーガン』は、今では別のものとしてそれぞれ発展している」と言われています。

◆ベジタリアンの動向

南アジア(インドなど)では、宗教上(ヒンドゥー教や仏教など)の理由によりベジタリアン人口は減少しているが、他方で欧米においては、環境保護や動物愛護の観点に加え、禁輸危機に金融危機以降の景気低迷や、新興国の経済成長を背景にした食肉価格の高騰、健康志向の高まりなどを背景にベジタリアン人口が増加傾向にあります。もともと、環境保護や動物愛護といった倫理的な理由に由来するものであった。英国においては近年、健康志向の高まりや、食育の普及、メディアなどの影響によりベジタリアンに対して抱かれる一般的なイメージが変わったこと、ベジタリアン向け食品のバラエティーが増えたこと、更にはインターネットの普及により情報取得が手軽になったことで、ベジタリアンはかつてより身近な存在となっています。

◆ベジタリアンとなる要因

ベジタリアンになる要因としては、主に下記の内容が挙げられます。

1 2 3