体の内部から綺麗にするヘルスコンシャスなハーブティーに再注目!

” 午後の紅茶 ” というワードがしっくりくるぐらいに皆さんの生活の中でハーブティーとは一般的なものとなりました。特に女性を中心に人気の高いハーブティーですが、それらの効能は様々で男性も必見の内容に驚きます。ただそれらの効果と品種がマッチするにはたくさん試して経験しないといざハーブティーを選ぼうと思ってもなかなかわかりません。そんな身近にあるハーブティーの効能とそれらに関する情報をお伝えします!

1.先ずはハーブティーを知る

ハーブとはもともとラテン語の「草木」を意味していて、Herba という言葉が由来と言われています。一般的には薬効のある植物の葉や香草の総称の事を指します。古くから医療目的や宗教的な目的以外にも、入浴時や料理、マッサージなどにも多く使われてきました。現代でもその効能から医薬品としても取り扱う国もあるほどです。ハーブは乾燥させて似出し、お茶としたものがハーブティーとなります。言語からは西洋のイメージが非常に強く感じられるかもしれませんが、中国でも草木茶や隣国韓国では人参茶、五味子茶といったように、アジア圏の国々の中でも様々な種類のハーブが飲まれています。近年ではこういったハーブを混合させて使うハーブアレンジという手法が取り入れられています。自らが欲しいと思う効能をいくつかのハーブを合わせる事で単独のハーブティー以上に複数の効果をもたらすオリジナルのブレンドハーブティーとなる為ハーブティー上級者やトレンドに敏感な方々はもう実践されているかもしれません。

2.意外と知らなかった!ハーブティーはノンカフェインという訳では無い

これもまた皆さんもよくお間違いになる事かと思います。ハーブティー=ノンカフェインという図式になってしまっている人。完全に間違いではありません、もちろんノンカフェインのハーブティーも多く存在しますが、全てがノンカフェインでは無い事だけは理解しておく必要があります。妊娠中の方やカフェインアレルギーの方にはハーブティーが良いと聞くのはノンカフェインがメリットとしてあるからですよね。ですが、マテ茶なんかにも微量にカフェインが含まれていたりします。先程あったハーブアレンジで複数のハーブをブレンドしているとカフェインが含まれてるものいないものが混ざるのでブレンドしたモノの主成分が何かを把握しておく必要があります。

3.ハーブティーの基本種類で相性の良いハーブを見つけよう

ハーブティーの種類はおよそ150種類ほどもある事をご存知でしたか?一般的に知られているもの、似ている郡のちょっと珍しいものまで豊富です。もちろんそれぞれに効果が違いますので自分の体調に合った、また調子が悪い時に試したいハーブティーを見つけて家に置いておくと便利ですよね。

◆ペパーミント

ペパーミントは食品にも入っている事がありよく耳にするかと思います。その他お口のエチケット品でも香り付けに使われたりしているので何となくペパーミント効果のイメージつく方も多いかと思います。ペパーミントは爽やかでキリッとした香りが最大の魅力です。身近にあるハーブの中でも手に入りやすく値段もお手頃です。この爽やかな香りのすっきり感はミント系のハーブの中でも最も強い効能だと言われています。口臭予防に高い効果を持ちますがそれに加えて、胃腸の調子を整える事にも一役買います。(胃腸を整えるには2〜3週間継続して飲み続ける事をおすすめします)爽やかな香りの成分としてメントールが含まれていますがそれらは抗菌作用、虫除けだけでなく実は過剰な皮脂の分泌を抑える効果があるので肌を引き締める若返りの効果もあると言われます。身近な生活の中で活躍出来る事間違い無しのハーブティーです。

◆ラズベリーリーフティー