美容・健康に効能有り!身近にあるハーブとスパイスを日常に取り入れよう!

香辛料と聞くと皆さんがなじみ深くすぐに頭に思い浮かぶのは何でしょうか。ターメリックやカルダモンなどのスパイスからローズマリーやタイム等のハーブまでこれらを総称して香辛料と呼ぶことが一般的です。香辛料の使い方は様々で、勿論そのモノによっての使い分けが必要になりますちょっと手の込んだカレーを作ろうとすると数十種類のスパイスで本格的に作られる方もいるでしょう。でも普段そんなに香辛料を使わないので置いておいても無駄になるんじゃないかと不安に思ってなかなか手が届かない方もいらっしゃると思います。香辛料は幅広く使えると料理のバリエーションも増え、より生活になじみやすくなりますが、先ずはポイントとなる香辛料にだけ着目するでも良いと思います。少ない種類のスパイスをうまく活用して慣れてくれば数を段々と増やしていけば楽しさも知識も深まります。今回は手軽に始められる香辛料の取り入れ方とその代表的な種類の効能についてもご説明します!

1.香辛料の主な使い勝手

古くから伝わる香辛料には深い歴史があります。歴史を遡ること中世の欧州では家畜の肉が人々にとって大切なタンパク質源でした。放牧が出来なくなる冬には家畜を殺してその肉を塩漬けにし保存する方法をとっていました。しかし、塩漬けだけでは肉の腐ったにおいはあまりにも影響が大きかったのです。そこでこれらのにおいも改善するべく香辛料を使うようになります。当時の香辛料は極めて高価なモノで、東洋特産の香辛料は欧州に届く頃には何人もの商人を跨ぎ渡ってくるため、等量の銀とほぼ同じ値段で取引されていました。

1 2 3