香りで差がつく!TPOに合わせたフレグランスグッズ

人間には体外での情報を読み取るために五感という感覚神経が備わっています。見る事で瞬時に情報を取り入れられる「視覚」、音を聞く事で判別する事が出来る「聴覚」、モノに触れた事で感じる情報を得られる「触覚」、口の中の舌や口の中全てを使って味で識別する「味覚」、香りによって内容を瞬時に汲み取る「嗅覚」の5つです。そしてその中でも今回は「嗅覚」について探っていきたいと思います。

1.脳は匂いに対して忠実に従う

香りで人の感情や行動、記憶をも呼び起こす事があります。最近ではオシャレや美容だけに留まらず、健康維持の観点からもフレグランスを用いる方法論も提唱されつつあります。実はビジネス面でも匂いの効果で大きく成果を上げられる事がわかってきました。

□匂いには最終決定を下せる能力がある

人を引き寄せる匂い、そこに居ると心地良く滞在時間を延ばす匂い、商品への信用度を自然的に上げる匂い

□空間の快適性を上げる

警戒心の強い対ビジネスの場合に置いての緊張感をほぐす匂い、作業効率を上げる匂い、反発心を抑える匂い、集中力を向上させる匂い

□好奇心を高め世界観を作る

伝えたい情報の伝達度を高める匂い、空間に対する印象を高める匂い

□相手を受け入れる

心地よさを自然的に感じさせる匂い、オリジナルの印象を強める匂い、受け入れている優しさに包まれる匂い、視覚的情報と香りを強く印象づける匂い

2.匂いによる効果と種類分け

匂いの効能等はその種類によって大別されています。大きく7つに分類する事が出来る匂いをそれぞれの特性によって比較してみましょう!

□樹木系のすっきりした香り

ナチュラルな匂いに近い樹木系の香りは飽きがきづらく落ち着きのある優しい香りです。お家でのリラックスタイムやスパ、リラクゼーション空間などで用いられる事も多く、爽快感が有り優しく包まれるような柔らかく温かい印象のすっきりした香りです。

1 2 3 4 5 6