視力低下のあなたが摂るべき食物!

子供の頃はみんな視力が良かったように思いますが、歳を取るに連れ「目がかすむ」や「疲れ目」などのワードを周りの人から聞こえるようになりました。オフィスワークの方々は特に長い時間同じ姿勢でパソコンを見たり書類に目を通したり何か書いたりなど同じ作業をずっと続ける事が多いですよね。結果的に歳が有る程度になった頃には視力も落ち、眼鏡やコンタクトの悩みが増えていきます。では視力は低下すると回復する事はないのでしょうか。視力が生活習慣とどのように関わっているのか、今後どのように生活改善をすれば良いのかをご紹介します!

1.視力の低下は身体で何が起きているのか

先ずはこの視力が低下してしまうメカニズムを知る事から始めましょう。人は物を見るとき、眼球の中にある「水晶体」があり、それがレンズの役割をしていて厚みを自在に調整してピントを合わせることで対象物に焦点が合ってクリアに見えるようになります。この水晶体、ひっぱったりゆるめたりと調整している筋肉が「毛様体筋」という筋肉で、その筋肉もが疲れてしまった事で視界がぼやけた状態でしか見えない状況になります。単純な目の疲れで一時的に筋肉の収縮が衰えている場合もありますが、病気や老化によって ” 毛様体筋 ” が上手く働かなくなる事もあります。

2.目が悪くなりやすい人の特徴

目が悪くなる原因でもお話したように大きな視力低下の主な要因は ” 毛様体筋 ” の運動能力の低下が考えられます。 ” 毛様体筋 ” の働きが悪くなる人には共通点があります。それは「疲れ」が「緊張状態」が繰り返し長く続いていると上手く機能しなくなります。いくつか主要な要因をご説明します。

2-1:近くの対象物ばかりをみている人

よく言われる視力悪化の要因の一つです。デスクワークも現在では当たり前になったパソコンを使いますよね。これらもテレビデームのしすぎで目が悪くなると言われている事と同じで、長時間モニターの前で同じ距離の同じ対象物を見続けている体制が続きます。そうなると ” 毛様体筋 ” が長時間緊張した状態になってしまうため緩める事が出来なくなってしまいます。この作業後に急激に視界がかすれてしまう原因で「ピントフリーズ現象」と呼ばれています。

2-2:姿勢が悪い状態の人

悪い姿勢でいると左右の目のピントが異なった状態で動く事になるため、両方が正常なピント状態を保つ事が出来なくなります。同じ距離の同じ対象物を見ているのに左右では見え方が違うと脳の信号も複雑化しだんだんと視力の低下が進みます。これによって左右の視力が違うなどの事が起こります。また、顔を下に向けた姿勢で長時間過ごすことは目にとってかなりの負担になります。実際に下を向いた状態で物を長い時間見ていると目に疲れがたまる事が身をもって実感出来ると思います。近年では携帯がスマートフォンに変わり、デスクでも移動の電車でもスマートフォンを眺めている人を見かけますがせめて顔が起きるぐらいの高さで扱うようにすれば少しは改善されるかもしれません。

2-3:夜型の生活を送っている人