話題のスポット、秩父に行こう!

埼玉といえば、ださいたまや何もないなどあまり良くないイメージが強く、都会から馬鹿にされている印象が強いですよね…。でも、最近の埼玉は違うんです!

川越の蔵造りの街町並みや、川越氷川神社はフォトジェニックスポットとしてインスタグラムなどのSNSで話題になっています。また、アメリカの住宅街のような街並みで話題になっている入間市のジョンソンタウンなど、都心から近く、非日常的なフォトジェニックスポットも多いと、埼玉が話題になってきているんです。

川越やジョンソンタウンの町並みもフォトジェニックなんですが、今回紹介させていただきたいのは、埼玉の大自然・秩父です!土屋太鳳さん出演のコマーシャルなどで知ったという方も多いかもしれません。都内からもアクセスが良く、本格的なアウトドアが楽しめることもあり、キャンプ場などが豊富にあります。キャンプなどのアウトドアももちろんなんですが、秩父にはほかにも魅力やフォトジェニックなものがいっぱいあるんです。

ということで今回は、秩父のアウトドアからフォトジェニックスポットまで、紹介していきたいと思います!

1.阿佐美冷蔵(長瀞)

インスタグラムなどで見かけた人も多いかもしれません。秩父の定番スイーツといえるかき氷専門店です。ふわふわに削られた天然氷と丁寧に仕上げられた無添加のシロップの組み合わせは、秩父まで来ても食べたいかき氷です。ほかでは味わえないかき氷が食べられる阿佐美冷蔵さんは、秩父・長瀞に、金崎本店と寶登山道店の二店舗を構えています。

金崎本店は国道に面していますが、敷地内に入ると静かな落ち着いた雰囲気にガラッと変わります。店内は和モダンで雰囲気のある空間、かき氷だけでなく店内もフォトジェニックになっています。寶登山道店は大きなガラス窓が並ぶ、モノクロや落ち着いた色を基調としたスタイリッシュな店内です。

繁忙期の夏は2、3時間並んで待つのは当たり前という阿佐美冷蔵さんですが、オリジナルの種類豊富なシロップと天然氷のかき氷は並ぶ価値は大いにありますよ♪また、繁忙期をずらせば並ばずに食べられますし、季節限定のシロップもあるので、一年中楽しめるお店です。

[金崎本店]

営業時間 10:00~17:00(混雑時は15:00でオーダーストップ)

定休日 木曜日

[寶登山道店]

営業時間 10:00~17:00(12月~3月は休業)

定休日 火曜日

2.ライン下り(長瀞)

秩父・長瀞といえばこのアクティビティです。キャンプなどのアウトドアがメインでなくても気軽に自然に触れることができるんです。長瀞近くに流れる荒川では、3社ほどがライン下りを実施しています。ただ、どちらもコースや距離はあまり変わらないそうなので、お好きなところを選んでくださいね。

今回は、秩父鉄道が運営する長瀞ライン下りを詳しく紹介していきたいと思います。コースは3㎞のコースが2種類と6㎞の全コースの計3種類があります。3㎞のコースは約20分、6㎞のコースは約40分ほどの長さです。ただ川を下るだけではなく、船頭さんが解説をしながら下っていくので、飽きることなく楽しむことができますよ。また、冬季には船上にこたつが置かれるので、暖まりながら川下りという贅沢な体験をすることができちゃうんです。

1 2