ブロードウェイで大ヒット!の名作ミュージカル映画おすすめ11選

ブロードウェイのミュージカル舞台を原作とした名作ミュージカルは、今も色あせない!新旧の大ヒット&ロングランした舞台を原作としたミュージカル映画を年代順にまとめてみました。舞台も映画も傑作と言われる、誰もが認める名作を一度はすべて観てみたいですね。ぜひ参考にして秋の夜長にたっぷり楽しんでください!

1)王様と私(1956)

19世紀のタイ(シャム)王国で、ラーマ4世国王の教育係として雇われた英国夫人のアンナ・レオノーウェンズが、西洋と東洋二つの文化の違いに葛藤しつつも、お互いに理解し合い惹かれていく様子を描いています。


www.amazon.co.jp

《スタッフ・キャスト》

【監督】ウォルター・ラング
【主演】ユル・ブリンナー、デボラ・カー
【原作】マーガレット・ランドン「Anne and the King of Siam」(1944)
【音楽】リチャード・ロジャース&オスカー・ハマースタイン2世、アルフレッド・ニューマン

《舞台版・サントラ》

1951年に初演し、3年間で1246公演のロングランを記録しました!初演から王様役を務めてきたユル・ブリンナーは、生涯4625回の主演公演を行っています。1952年にはトニー賞で作品賞や主演女優賞など5部門を受賞しています。
2015年の今年、舞台で再演され、王様役を演じた渡辺謙がトニー賞で主演男優賞を日本人初ノミネートされました!ミュージカル・リバイバル作品賞を受賞しています。
↓こちらのサントラは、2015年版のキャストで新録音されたものです。


www.amazon.co.jp

2)ウエスト・サイド物語(1961)

ニューヨークのダウンタウンを舞台に、ポーランド系の非行グループ「ジェット団」とプエルトリコ系の非行グループ「シャーク団」の対立と、その間で揺れ動く男女の恋を描いています。
原案はシェイクスピアの「ロミオとジュリエット」から着想を得ており、当時のニューヨークの社会的背景を取り入れています。


www.amazon.co.jp

《スタッフ・キャスト》

【監督】ロバート・ワイズ、ジェローム・ロビンス(舞台版監督)
【主演】ナタリー・ウッド、リチャード・ベイマー
【原作】ジェローム・ロビンス、アーサー・ローレンツ(舞台版脚本)
【音楽】レナード・バーンスタイン

《舞台版・サントラ》

1957年に初演し、732公演の後ツアーを行い、1960年には253公演を行っています。この年のトニー賞最優秀振付賞を映画版で監督を務めたジェローム・ロビンスが受賞しています。
1960年代には世界各地で公演を行い、1980年には再びブロードウェイでリバイバル公演が行われました。
1957年にブロードウェイのオリジナルキャストでの録音が行われ、映画版のサウンドトラックも1961年に発表されています。↓こちらは映画版のサントラで、映画同様、空前の大ヒットとなりました。


www.amazon.co.jp

1 2 3 4 5 6