北海道は函館から始まった!とても美しい歴史的スポット15選

異国情緒あふれる北海道函館。街を歩けば石畳でまるで欧州のようです。人気のベイエリアや元町など映画やテレビCMにつかわれるあたりはどこを切り取っても絵になりますよ。プロアマとわず、写真撮影が楽しめる函館のフォトジェニックな歴史的建築物をたっぷりとご紹介します。

市電に乗って谷地頭へ 函館公園は撮影スポットがいっぱい

1.谷地頭電停

 

https://www.instagram.com/p/Bavwc66gkSw/

函館山の麓へ向かう電車に駅前から終電の谷地頭で降りる。函館山のふもとでそこからは、絶景を楽しむことができる立待岬へいくこともできるし、函館公園に行くこともできます。函館公園は日本の歴史公園100選に選ばれている公園です。

電停で降りて右でも左でもいいので歩道にわたりましょう。ここでは、函館山と市電をバックに写真を撮影するのがおすすめです。

2.旧市立図書館


函館公園ないには、歴史的な建築物が多く残されています。現在は使用されていませんが、公園の片隅には歴史的価値のある噴水があります。公園内には、図書館があります。かつてはこの建物が旧本館でした。周辺にある通りには図書館通りと名付けられるほど、市民に愛された函館市青柳町の図書館。

火災の多い函館だけに、図書館の重要性も考えて、鉄筋の図書館書庫を作りました。この建築には、東京駅の赤レンガ駅舎の設計でしられる辰野金吾の設計で、鉄筋コンクリートの建物としては、かなり早期の物です。

窓はステンドグラスで装飾され、欧州にでも来たかと錯覚する建物です。現在は新築された中央図書館の書庫として活用されています。中をみることができませんが、周囲の木々と凛とした西洋建築の外観だけでも撮影するに値します。

函館市青柳町17番2号

3.日本最古の観覧車

~函館旅行記⑥~護国寺の隣りにある函館公園は、四季折々の季節感はもちろん、昭和の時代の家族の憩いの場が『こどものくに』として、大切に今でも営業しておりました。 乗り物全てが、懐かしい味の乗り物で中でも『日本最古の観覧車』には、心が熱くなる懐かしさを感じました。 一回300円の乗り物券で乗れました。 降りる時に、係員の方に『これからも、いつまでも続けて下さい。』とつい声をかけてしまいました! 函館にお越しの際は、是非『日本最古の観覧車』に乗って下さい。#函館山#函館#函館旅行記#函館公園#日本最古の観覧車#観覧車### ~~ It is the Japanese oldest Ferris wheel at Hakodate Park!~~

A post shared by @takashi_kanda on

函館公園内にあるこどものくには、レトロな乗り物がたくさんで、大人が行ってもなつかしさのあまり声をあげてしまうほどの場所です。もちろん、子供にとっては楽しい乗り物がいっぱい。そんなこどものくににある観覧車が日本最古の観覧車として数年前より話題になっています。

観覧車そのものは、そんなに大きなものでも、高さがあるものでもありませんが、函館山のふもとということもあり、観覧車からの眺めは格別です。

4.旧函館博物館

紅葉の函館公園 #hakodate_photo @mimi37st #そろそろ見頃 #お散歩 #紅葉 #落ち葉

A post shared by 函館市公式観光情報サイト はこぶら (@travel_hakodate) on


公園内を散策すると白い建物が見えてきます。それが旧函館博物館一号と二号で、日本に現存する最古の博物館といわれています。白い外壁の洋館建ての博物館と、すぐそばに、赤い屋根の白い外壁の洋館とふたつあり、赤い屋根が二号となります。

1 2 3 4