いつでも清潔に!シンクをピカピカに掃除する方法はコレ!

毎日炊事をする台所のシンクというのは家の中でも酷使する場所の一つです。そこで、大掃除を待たずに、日々の掃除の一つとしてシンクの掃除方法やそのアイデアについてまとめてみました。普段の掃除方法から重曹を使った掃除方法などについても是非とも参考になさってください。

シンクの掃除・基本



毎日使うシンクには気が付くと水垢汚れが溜まってしまいます。このまま放置しておくと悪臭の素にもなります。ステンレス製のシンクでは食べ物汚れや油汚れはとても目立ちます。願わくば汚れが目立つようになる前に普段のシンク掃除でキレイにしましょう。
普段のひと手間がキレイなシンクを保つ極意なのです。

洗い物をした後・ひと手間

まず普通に食事の後の洗い物を済ませます。その後に台所のシンクを掃除用のスポンジでこすり洗いをしておくだけで汚れが酷くなることを防げます。もう一つのコツとしては水分を放置するのではなく乾拭きをするだけでも効果的なのです。
水分を含んだシンクはすぐに水垢が溜まってしまうという習性があるのです。ここがポイントです。

シンクが曇る原因は?

シンクの中に残ってしまう水分が水垢になって残ってしまうのです。水道水のミネラル成分が固まると白っぽい線のようになるのです。汚れの原因としては洗剤のカスが残ってしまうということも、あるのです。知らず知らずに水垢は頑固にこびりついてしまうものです。

普段のシンク掃除は?



汚れが気になりだしたらクリーナーを遣ってスポンジで磨いて水拭きをします。必ず乾拭きも行ってください。

ステンレス製のシンク掃除の注意点



塩素製漂白剤はキッチンにあるものをつけ置き洗いをする場合がありますがシンクに長い時間溶液を流すということはシンクが錆びてしまう原因にもなるのです。極力、ステンレスのシンクに塩素系漂白剤がこぼれないように注意してください。

樹脂製シンクの掃除ポイント



ステンレス製のシンクと同じで塩素系漂白剤が苦手な素材となっていますので取扱には注意しえください。磨く時には円を描くようにスポンジでやさしく洗います。

お酢でシンクを掃除するということ

シンクはお酢パワーを遣って



キッチンのシンクには酸性の洗剤が効きます。つまりお酢の成分はシンクの掃除にはぴったりのアイテムなのでうす。水垢や石鹸のカスなどをキレイに洗い流します。その上除菌効果も期待できますので一石二鳥ですよね。

排水口と三角コーナーはどうする?

生ごみの処理がおわったら排水口に重曹をふりかけておきます。そしてお酢と水を合わせたものをそこから流しておくと発砲をしてぬめりを拭い去ります。

三角コーナーを排除するという方法



三角コーナーがあればどうしても生ごみをそこに置いてしまいます。この際思い切って、排除して直接ゴミは処理するという方法はどうでしょうか?シンクをキレイに保つための方法だと思います

重曹を使った掃除を毎日の習慣に



重曹をシンクの掃除に使っても研磨剤の粒が硬くないという特性があるので傷がつきにくいという良さがあります。雑菌効果や脱臭効果もあるのでシンクの掃除には向いています。
粒子の細かい重曹の研磨作用を利用してキレイに掃除をすることが出来ます。シンクがピカピカになりますよ。

重曹スプレーの作り方


最後に

シンクの掃除は日々の努力の賜物…なんて思うと気が重くなってしまいます。なので、簡単に掃除ができるように少しでも楽にシンク掃除が出来るコツを盗んでくださいね。