一生に一度は見ておきたい!北海道南エリアの絶景スポットTOP5

北海道道南への観光旅行といえば、やはりメインになるのが函館市。朝一あり、温泉あり、夜景と朝から夜まで楽しく過ごせる場所ですが、函館以外の道南には、絶景ポイントがたくさん。その中でもおすすめの場所をご紹介します。

1.奇岩がたくさん せたな 海岸

函館から車で国道五号線を利用しておよそ2時間ほどでつくことができる瀬棚ではとてもきれいな海で海水浴を楽しめる海岸が自慢です。特に道南八景とよばれる奇岩は必見。夏は海水浴場として利用される場所なので、たっぷりと泳いだあとは、サンセットを待ちましょう。奇岩と空がうっすらと夕日で染まっていく様はとてもロマンチックです。

せたな町瀬棚区三本杉

2.80数段の小高い山 奥尻 宮津弁天宮

まさにVの字型に折れ曲がった階段を通り抜けて弁天様にお参りに行く唐琴パワースポットとしての価値もあるのが、こちら奥尻島にある宮津弁天です。函館から奥尻島へは、飛行機もしくはフェリーで行くことができます。瀬棚までのドライブを楽しんだ後にフェリーがおすすめです。

奥尻では島巡りをしながら奇岩をたのしむことができますが、その中でも驚きの体験をできるのがこちら宮津弁天宮です。島の北東部にある小さな岩の上にあるのですが、とにかくすごいところにあるのです。弁天宮そばには駐車場があるのですが、そこから大変!でも80数段上った後に見ることができる景色は絶景ですよ。

奥尻町字宮津

3.道内最古の祭りがある 江差 カモメ島

江差町かもめ島picでおはよーございます。 奥行き写真最終回。 インスタでかもめ島を知って以来、いつか行ってみたいと思っていました。 帰り道の寄り道というには大分遠回りですが、そして夕方になってしまいましたが(そしてこの後札幌までの道中、ガス欠の恐怖に直面するのですが)、立ち寄ってみた次第。 こんなところでキャンプ&釣りが出来ればいいなぁ。 でも階段の登り降りは辛い。 #平面の画像から #奥行きを感じるのは何歳からか #突然ボールが画面に迫って来る動画を見て #思わず顔を背けたり目を閉じたりするのは何歳からか #脳の発達の問題であって #セイシンの発達の問題じゃない #脳は勝手に発達する 出張が終わり、札幌に戻れるまであと3日。 wildなお店に行く時間は無さそう。

A post shared by ☆椅子 (@isuisuisu7) on

函館から車で1時間ほどで行くことができる江差町は、北海道最古の祭りが残っている地域です。かつては、ニシン漁業で栄えた地域で、北海道としては長い歴史があります。それだけに見どころがたくさんあります。観光スポットとして人気の一つがカモメ島です。カモメの形をしていることで名前がつけられたのですが、カモメ島と呼ばれる前には、弁天島と呼ばれていました。キャンプ場として現在は人気で、マリンアクティビティ、奇岩巡りなどが楽しめます。

〒043-0045江差町字鴎島

4.女性は入れない!トラピスト修道院


函館市の隣の北斗市にあるトラピスト修道院は、女性が入ることができない修道院です。日本ではじめてできた男性修道院で、見学は予約をするとできますが、男性のみです。

周辺に並木の絶景スポットがあります。裏手にはルルドの泉があり、聖母マリアを祀っています。また、修道院の駐車場そばでのソフトクリームが人気です。

北斗市三ツ石392
電話番号 0138-75-2108

5.道南で見れる青の洞窟 知内 矢越海岸

https://www.instagram.com/p/BJEFtAHB43s/
函館より車で一時間ほど行ったところに、実は青の洞窟があるといわれている、矢越海岸があります。
知内は北島三郎の故郷として知られている場所です。イタリアの本家本元にもまけない美しい青の世界。近くの積丹ブルーにもまけない洞窟を海の青さは、観光船ではたのしめない、小さめの船で見に行くことができます。

1 2