エアコンのフィルター掃除の極意を伝授いたします♪全て自分で行えますよ~♡

エアコンのフィルター掃除というのはとても大変なこと!と思いこんで手が付けられないとしり込みしていませんか?大丈夫です!エアコンのフィルター掃除はコツさえつかめば日常的なお掃除の一環として行えるようにないます。是非ともこの機会にエアコンフィルターの掃除方法を覚えてください。エアコンの掃除に関しては『エアコンの室外機掃除は必要ないと思っていませんか?それ違うんです!』でも紹介していますので、合わせて読んでみて下さい!

最初に掃除機をかけること



エアコンフィルターの掃除となるといきなり外して水洗い!?と思っていませんか?ちょっと待ってください。最初に行う事としてはフィルターを外す前に掃除機をかける必要性があるのです。肝心なのは外す前の下準備が必要ということです。高さがある場所にエアコンは設置されていますのでハンディークリーナーを駆使して行ってみてください。

フィルターを外した後にもう一度掃除機で吸い込む

フィルターの汚れというのはエアコンのフィルター外側に集中して付着しているものです。そこで外側から掃除機をかけるということがポイントになります。間違って内側から吸い始めてしまうとほこりがフィルターの目に詰まる可能性があります。ここは注意して行うようにしてください。

エアコンのフィルターを水洗いする


汚れの度合いに応じた洗い方



掃除機である程度のほこりを吸いこんだ後のフィルターを水洗いする場合、まずは油汚れなどが酷くないか?どうか?ということに気を配ってください。水洗いだけでキレイに落とせそうであればそおまま乾燥させてください。

汚れが酷い場合



汚れがなかなか水洗いだけでは落ちそうにない場合には台所洗剤を使ってブラシで洗うことをオススメします。必ずフィルターの裏面からブラシで洗浄するということが必要になります。洗い流す時にも裏側から外側に向かって水を勢いよく出して洗い流すことがコツです。

エアコンフィルター掃除の注意点は?

絶対に力任せにフィルターを扱わない



エアコンのフィルター掃除を行う場合についつい、フィルター部分を力任せに抜き取ってしまいがちです。このような扱い方を「しているとプラスてチック製になっている部分などは壊れやすくなっています。急に引き抜いてしなうとその部分が折れてしまう場合もありますので精密機械を扱うという意味でも丁寧に引き抜きましょう。

嫌な臭いがする前の掃除

エアコンの運転時に起こる独特な悪臭を経験された方も多いと思いますが、実はこの悪臭が起こる前に掃除をすることが本来望ましいのです。そういう意味でも1か月に2回程度はフィルターの掃除をすることが良いのです。お掃除機能が付いている場合でもやはりフィルターの掃除は必須です。

エアコンのフィルター掃除・注意点

エアコンのフィルター掃除をするだけでエアコンの電気代金を節約することに繋がるというわけです。これはすごいことですよね。全体の7%の電気力削減できるというデーターがあるようです。

エアコンフィルターを洗う理由は?



エアコンフィルターの汚れの原因はほこり以外にはチリやカビになります。この汚れが蓄積されてしまうと内部にまでカビや細菌が繁殖することに繋がってしまいます。ですのでエアコンフィルターの掃除は定期的に行うことをオススメします。

十分に乾燥させる


最後に

エアコンの掃除というのは大掃除の時だけに行うというのではなく、普段の掃除の延長線上にあるべき項目だと思います。月に一度はフィルターの汚れをチェックして掃除機で吸い取るなどこまめあ手入れが功を奏します。

まとめ

今週末早速試してみたくなったのではないでしょうか?エアコンのフィルター掃除は欠かせない作業。怠らずに、しっかりキレイに磨いてくださいね♪

1 2