邦画随一の喜劇作家!三谷幸喜のコメディ映画おすすめ8選

徹底して喜劇にこだわってきた三谷幸喜。映画作品は監督作品が6本、原作・脚本作品は3本と、テレビドラマに比べると少ない方ですが、どれも笑いに妥協なし!の傑作揃い。2015年10月には新作「ギャラクシー街道」が公開予定です。登場人物は全て宇宙人!という“宇宙”が舞台の初のSF映画で、香取慎吾・綾瀬はるかが主演を務めます。どの映画も常に豪華キャストの三谷映画、新作を見る前に全監督作品をチェック!

12人の優しい日本人(1991)

三谷幸喜が旗揚げした東京サンシャインボーイズの舞台のために書き下ろした脚本を原作とした作品で、監督は中原俊。「もし日本にも陪審員制度があったら?」という設定の密室法廷劇です。いまや日本でも裁判員制度が取り入れられていますが、当時はまだこの作品の中では想像の産物でした!アメリカ映画「十二人の怒れる男」へのオマージュで、各シーンにパロディがあることでも有名です。


www.amazon.co.jp

〈キャスト紹介〉典型的日本人が勢ぞろい!けれどなかなか一つにはまとまらない…

【塩見三省=陪審員1号】体育教師(40)。以前一度陪審員を経験。議長役。
【相島一之=陪審員2号】精密機械製造会社員(28)。妻とは別居中。
【上田耕一=陪審員3号】喫茶店店主(49)。議論や会議が苦手。気配り上手。
【二瓶鮫一=陪審員4号】元信用金庫職員(61)。被告の無罪を終始変えなかった唯一の人物。
【中村まり子=陪審員5号】商事会社庶務係(37)。メモ魔のキャリアウーマン。
【大河内浩二=陪審員6号】医薬品会社セールスマン(34)。仕事が気になり審議も上の空。
【梶原善=陪審員7号】タイル職人(32)。被告に近い年齢の男性。舞台で7号を演じたのも梶原善。
【山下容莉枝=陪審員8号】被害者と同世代の主婦(29)。5歳の息子がいる設定。
【村松克己=陪審員9号】開業歯科医(51)。議論好きの自信家。
【林美智子=陪審員10号】クリーニング店経営者(50)。気は弱いが心は純真。
【豊川悦司=陪審員11号】役者(年齢不詳)。4号と10号の無罪主張を援護。
【加藤善博=陪審員12号】大手スーパー課長補佐(30)。ちょっと仕切り屋。最後の切り札的存在。

笑の大学(2004)

三谷幸喜原作・脚本、星護監督による作品で、ラジオドラマ、舞台、映画の3バージョンがあります。それぞれのバージョンで出演者が違い、演者によって脚本を書き換えています。
ラジオドラマは1994年、舞台は1996年が初演で、海外でもロシア、イギリス、カナダ、香港、韓国で上演されました。
キャストがたった二人でほぼ取調室のみで展開されるストーリーであるにもかかわらず、映画版でも見事な演出と演技で三谷喜劇を再現しています。


www.amazon.co.jp

〈キャスト紹介〉二人だけの取調室で繰り広げられる笑いと感動のドラマ!

【役所広司=向坂睦男】警視庁保安課検閲係の役人で、戦時中に喜劇など必要ないと豪語する人物。椿と一対一で検閲の手直しを命じるうち、台本作りの共同作業のような奇妙な協力関係が生まれる。
【稲垣吾郎=椿一】劇団「笑の大学」座付作家で、実在の喜劇作家・菊谷栄がモデル。台本直しの終盤に戦地への召集令状が届く。中盤での二人のやり取りにクスクス笑いが止まらず、最終的な二人の関係の変化とラストの向坂のセリフにグッときます!

1 2 3 4 5 6