赤ちゃんの夜泣きが辛い!ママはどうする?私の夜泣き対処法!

初めてのお産が終わったばかりなのに、赤ちゃんの夜泣きに「こっちも泣きたいよ~」と、辛い思いを抱えているママのために、新生児の夜泣き対策について、ちょっとでも心が楽になれる、アイデアや知識をまとめてみました。一休みしながら読んでみてください。

新生児の赤ちゃんの夜泣きについて悩むのは誰も同じ

まだ生まれたばかりの赤ちゃんはすべてが未発達なのです。唯一の表現方法として、ただ「泣く」ことしかできないことは、きっとママもパパも、わかっていることなのです。何かを訴えるために、昼夜問わずいつでも泣くのは、仕方がないこととは言え、寝不足が重なってしまうと、ママもパパも体力的にも辛いものです。
知りたいのはどうして「夜になると泣くのか?」ということです。まずは、ママが学習してみませんか?赤ちゃんがどうして夜に泣くのか?そして泣いた時の対処法には、何が最適なのか?ただし知識を得ることで、少しは気持ちが楽になるはずです。ママとパパそして新生児期の赤ちゃんが、今よりも気持ちが楽に過ごせる方法はあるのです。まずは、自分だけが辛いのではないことを、感じながら赤ちゃんの夜泣き対策について考えてみましょう。

赤ちゃんの夜泣きを減らす工夫あれこれ

新生児特有の赤ちゃんの睡眠リズムをご存知でしょうか?一度寝たら深い眠りにつくと考えていませんか?まだまだ眠りのメカニズムも不十分な赤ちゃんは、ちょっとした不快感ですぐに起きてしまうのです。

・部屋の温度は快適か?
・おむつは濡れていないか?
・空腹状態になっていないか?

まずはこの3つを常にチェックをすることは、当たり前のルールです。新生児の赤ちゃんを見守る上で、まずはこれ以外の原因を探して、夜泣きをなくす方法が一番なのです。

夜泣きは赤ちゃんと家族のコミュニケーション?

新生児の時期はほんの一瞬で、赤ちゃんは驚くほど速いペースで成長していくものです。新生児はまだ、しっかりと目も見えていません。だからこそ、不安に感じることも多いのです。そばにいるパパとママを泣くことで呼んで、精いっぱいのアプローチをしているのです。そう考えると、少し心が解けていきませんか?

ママ自身も不安なことが多いなか、赤ちゃんに「安心」を与えることは、少しだけハードルが高いかもしれません。ですが、手のひらで赤ちゃんの肩を優しく撫でる、声をかける、そんな些細な行為が、赤ちゃんに安心を与えます。

・体温調節が不十分な赤ちゃん

パパママが、感じる快適さと、赤ちゃんが快適に思う空調や気温は少し違っている場合あります。夜泣きがひどい時期の室温や空調を今一度見直してみませんか?

夏の暑い時期にはエアコンで部屋の温度を下げることは当たり前ですが、うちわで自然の風を赤ちゃんに優しく送ってあげるだけで、すんなりと泣き止んで眠ってくれる場合もあるのです。

赤ちゃんに昼と夜の区別を知ってもらう

まだ新生児だから何もわからない・・・という思い込みで朝の光や夜の静けさを、きちんと知らせていないことはありませんか?家の中で一日を過ごすことで、感じる朝の光、そして生活音、夜になるとカーテンを閉めて静かな時間が訪れる、という流れを新生児時代から、きちんと伝えてあげることをお勧めします。

1 2