ゴディバ・ロイズ以外で絶対おすすめなバレンタインチョコ10選

 

アーティストショコラティエと称されるジャン=ポール・エヴァンがつくりだす

独創的な感性と確かな技術から生み出されるチョコレートは国内外を問わず

広く愛され、芸術品と言われているチョコレートなので

きっと彼も喜ぶと思います。

ショップなどのご案内ページ

イベントギフトページ

商品一覧はこちらから

 

これぞ職人の技!

7:ブルガリ イル・チョコラート

巧みなチョコレート職人の技。味わい深いチョコレート。

もちろん高品質。その洗練された味と世界観はまさにエレガンスです。

ひとつぶ1,500円のチョコってそうそうもらう機会もないと思うので、

かなり印象に残ると思います。

<ラインナップ>

チョコレートジェムズ

ひとつぶ1,500円

2粒2,500円

3粒3,100円

5粒5,400円

10粒11,000

イ・ドルチ・ギフトボックス3個入り

5,100円

 

パリで一番歴史を持つチョコレート店

8:ドゥボーヴ・エ・ガレ

 

 

フランスルイ16世の王室薬剤師であった貴族出身の

Sulpice Debauve(スルピスドゥボーヴ)

ルイ18世から「ブルボン王室のチョコレート職人」として認可され、

続いてシャルル10世、ルイフィリップ王の御用達となりました。

特にブルボン王朝の王がこぞって愛した一流のチョコレート。

そして、今もなお、多くの人を魅了し続けている。

天才パティシエショコラティエ

9:HUGO&VICTOR

1 2 3 4