5b42f02b-40af-44f4-95db-d647f8d51ee9

夏野菜を家庭菜園で上手に作るコツ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏野菜と言えば何を思い浮かべますか?キュウリやナスビ・トウモロコシやトマトなどがあります。夏野菜を家庭菜園するメリットとしては栽培の期間が短くてすぐに収穫が出来るという点が挙げられます。家庭菜園のビギナーの人でも最初に取り掛かれる家庭菜園です。是非ともオススメしたいです。

プランターで夏野菜栽培を始めよう

家庭菜園を始める場合、例えば庭の土を掘り起こして畑を作るというのは重労働です。そんな時にはまずはプランターを利用して野菜作りの初歩を学びましょう。その中でも夏野菜というのは育てやすいので最初の第一歩としては最適です。


http://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=QV8OwuEXyLHbgnoWAIUk0rT7PNGZLswRlWyam1kLMR0pbkFDEVUQr4UtYv8RZn0YpWP_NxqQ4TxxSp9E1U.dml51ledJHDhVHGmwtFx5p71.58U.qnyNa0sh5s5OWZhur7yDw_uF2zok6_Q78Q–&sig=1380ulfvr&x=275&y=183

ce409126-6db6-460d-a46e-f53d4578b3f6
ord.yahoo.co.jp

作りたい野菜が決まったら次はプランター選びです。作りたい野菜に適したものを選びましょう。ほうれん草、小松菜などの葉茎菜野菜の場合は、プランターの深さは20cm以上必要です。
million001.xsrv.jp

5月になったら夏野菜を始めよう!

春から夏に季節が移る時期・5月は夏野菜を始める絶好の時期です。長い期間を掛けて栽培をする他の植物に比べて夏野菜の場合には短い期間で育つので初心者の人には最適なのです。まずはプランター栽培が出来る夏野菜をご紹介していきます。


http://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=7CjnXzMXyLHD58W7WQ2VNOvKxRvRWYRaR4ghd4idaPk5U_PjFNYfephBD1it12scH.FT3ttjg6dDFjQxtJLSN54cS1n5Iy2Np1hEAQY9NZPAea843fNkL6i1kxA1MD_6Ve2Cp.Jr2zL7Y6KuoA–&sig=13815vi06&x=259&y=194

シシトウを育てる


http://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=bP5eI.gXyLHm9JPZBREZ7sxZZjtvx7aFMR1iFq5NLtrtJR6pUljKh332OO5LN7C8CnakUbbu8bxQBVKJklyOTp5XOs2Etllzk7QbqSOhJihCJfN3nCmC0Staax5wcV597JWRlc88pAMp_rYmJ4.6&sig=13aabvkjo&x=259&y=194

シシトウは大きく成長しないという点ではプランター栽培に向いています。唯一の注意点としては乾燥に弱いという特性があります。暑く成る時期には朝と晩、2回程度は水を与えてあげる必要があります。

ピーマンを育てる


http://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=JUmwJx4XyLHQp_J3Ixq_8A6RAq_zFFnaC7yNc2VdPve1UJPNJ4BouxyIfwv1RbujoEr1GyCaENIkXLYIqlHdcTKgNp9ov9F9QvxfoBPyKChkONup.wDtUlkKMFamp4RqDMlykDhhqxk1kUN.sQ–&sig=138pb532g&x=259&y=194

ピーマンは2株購入するだけで多くの収穫が望める夏野菜です。夏野菜の中でも育てやすさはナンバーワンです。湿気を嫌うという事だけ気を付けておくと表面の土が乾いた時だけ水を与えるだけでスクスクと育ちます。

ミニトマトを育てる


http://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=ym.2_5kXyLGkgqX6woEKIovdtV0qtPuj0hCzO_XCEXB9Yd2w9OENAfyYaD0cuXdNsU9RYmRm5b5wUifi8cBbVSbI8gXfOZXGpyfTnbhqD4ijNOdeGq9R6ttyjmeY4UgkcTNMFGHXQOEcepEOOg–&sig=13824rc8f&x=259&y=194

ミニトマトと言えばプランターで栽培しやすい夏野菜の代表です。比較的、病気にも強いので初めて家庭菜園にチャレンジする方にとってはオススメの夏野菜です。

キューリを育てる


http://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=gm1dTrcXyLG1vbENURlBpagSR6QdP70fdrB4TvQU8qMip0oZ1HBbIUjcLCDdA5EmNYIvBf8i.JvyApUPavT1XNuuzc0f8r0IYdIv074blh26vZ..ret9YqYxpM7GOOiwa_OOH1WxUsvJyGF_qCBv&sig=13a2ld5v0&x=260&y=194

キューリの根っこは横に広がります。プランターを探す売亜には60㎝サイズよりも大きなものを選んでください。深さのあるプランターの方が向いています。

夏野菜栽培に準備するものは


http://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=cO142GUXyLH7fFnLTtsdFaF.nXYgtuxFnraDRYSJKZ8HTS_dnkWJZxK6gBmqT6OrTbMcDYJjwilwglwA48r7h3v7_KTU8lb_pgEh7pzgbNMj8Wis54FuXrqKINSKxAqPDA.M3Ijwd.j2Qf0P7LNH&sig=13a2or1tb&x=259&y=194

プランターのほかには園芸用のはさみと土を掘るためのスコップは最低限、準備しておきましょう。
最近は100円ショップでも家庭菜園用の準備物は揃います。プランターの下に敷くネットも赤玉石も揃いますので経費を掛けずに家庭菜園を始めることが出来ますね。

プランターの置き場所はどうすれば良いの?


http://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=rwPokNcXyLFvnzUuMe1VWTQaUQz18rFVjsvbkkoYC2I3Jze2nIMpYTjvV95NYledZEtjrkV4q.NXayFR7jrmVCVC6psl09oSPyF2b0mD2dXoC6l4KduE3su0IpmHRVd_c1Q8tNYf3ilPSuKzsg–&sig=138qos205&x=259&y=194

日当たりの良い場所で、風通しにも気を遣ってください。例えばベランダにプランターを置く場合にはプランターを置く位置や高さも工夫をしてください。直射日光が多く当たる場所に置くことが夏野菜栽培には大事なことなのです。

水の与え方・肥料の与え方


http://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=4uLtSRMXyLFQ.tWutEaSxeJRXxQQ5tqeanNyc2TI3xfOrE69VOX0qoC_InAoQ62hnFSQEQ_vnL39u0ot0bKuK32jskEQS1bBt8PLSmqqtLqdiUUl5CIdT._NyRNO3r_._hQvm3mmh.T5.IRlndHv&sig=13ahkbkuh&x=108&y=160

夏野菜を育てる期間というのは外気の温度も急激に上昇する時期にもあたります。そのために適時、水分を多く与える必要性もあり肥料も必要になります。
但し、野菜によっては水やりや肥料の与え方に注意が必要なものがありますのでご注意ください。

トマトは肥料に注意!


http://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=3d1DsRYXyLFPAvKqIhAlL_6rLqbm4ZfY4DjiD3p00rmXpLPZ1fdVU3xEEQS1P4FfDTZaaoXgTcmJTnuKDJRgEGZBNO9QKqw2hLSDY04Rw_deYSgIv4G4H_xVFJDgT2kGrq_9EbvaBe15ia4KaNj2&sig=13aee6rij&x=260&y=194

トマトは肥料を吸収する力が強い植物です。そのために肥料を与えすぎると葉や茎だけが成長しすぎるということが起きます。一度に多くを与えることは控えてください。

キュウリは水切れ厳禁!


http://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=RLvRBDUXyLHMaSGgyoX2MCbOwaKKyVRUWy.rgUP9KpiVWa3XX8Lq9P9Yb668J4PCIwaWKznLpdjLtAZLXfSTSqowwBYZcL.oPtbtjaFMy0.JqCr1wpQQ4Fmti1eMzNVoWVXo9nGoxM5WE56U9.US&sig=13ar0mrid&x=260&y=194

夏場にキュウリを栽培する場合に気を遣うのは、水やりのタイミングです。プランター栽培では比較的土の表面が乾きやすいので水分補給には気を配ってください。

ナスやトウガラシは肥料がお好き


http://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=YAUFmtMXyLETOyC6NOXU1KT7ho71YyV.MbDrI8IU5X0LMPipLgKXEdUvpqfcd4b_bLPQb9G4BohBYM1QXFju64aHW4IFTHXS72j9UJChaR.zBd88BOIrTO3NTAcS5wUJa5mUa.J7Hbeq6tdykg–&sig=138dmur04&x=259&y=194

適切な追肥が必要な夏野菜と言えばナスやとトウガラシです。株の成長のためには肥料を要求します。夏の間には液体の肥料を利用して水やりの時に一緒に与えると良いでしょう。


http://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=I7Pz8vUXyLEK49jaUVbEcsyNn11yhaFhSjKzoxc1OchKzTbOQ0qsMAQcJPd_mLPsy482jVXP0H8lehDaI0LWIgfq2DLYQe196tMcMs8ksnT4ZUFq1exAQKmunqZcXbIwGeVk1x6PDSobnSd072Vg&sig=13alnkqu1&x=259&y=194

最後に

プランターで夏野菜を育てるメリットは少量の土でも育てることが出来る事に加えて身近な場所に置いて管理できる点だと思います。家庭菜園野田一歩として、それぞれの注意点さえ押さえておけば夏野菜を家庭菜園で育てることはとても有意義な経験になると思います。


http://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=bPjZI8AXyLGLsDNN_LdyYvV0Jnj.ink6DSkcXWeWTiraVA4Vj9tI7HuSdeMlj2QWwzd_ygTPBj6PQj.geKK8IKb_zDknDjhGodMpmfqNjmYMN4ikfNvHvKmv10Afdhl_LOeSkKYwkCF2gRCpxg–&sig=138rhqg45&x=259&y=194

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Findyの最新情報をお届けします