夏野菜を家庭菜園で上手に作るコツ!

夏野菜と言えば何を思い浮かべますか?キュウリやナスビ・トウモロコシやトマトなどがあります。夏野菜を家庭菜園するメリットとしては栽培の期間が短くてすぐに収穫が出来るという点が挙げられます。家庭菜園のビギナーの人でも最初に取り掛かれる家庭菜園です。是非ともオススメしたいです。

プランターで夏野菜栽培を始めよう

家庭菜園を始める場合、例えば庭の土を掘り起こして畑を作るというのは重労働です。そんな時にはまずはプランターを利用して野菜作りの初歩を学びましょう。その中でも夏野菜というのは育てやすいので最初の第一歩としては最適です。

作りたい野菜が決まったら次はプランター選びです。作りたい野菜に適したものを選びましょう。ほうれん草、小松菜などの葉茎菜野菜の場合は、プランターの深さは20cm以上必要です。
million001.xsrv.jp</span –>

5月になったら夏野菜を始めよう!

春から夏に季節が移る時期・5月は夏野菜を始める絶好の時期です。長い期間を掛けて栽培をする他の植物に比べて夏野菜の場合には短い期間で育つので初心者の人には最適なのです。まずはプランター栽培が出来る夏野菜をご紹介していきます。

シシトウを育てる

シシトウは大きく成長しないという点ではプランター栽培に向いています。唯一の注意点としては乾燥に弱いという特性があります。暑く成る時期には朝と晩、2回程度は水を与えてあげる必要があります。

ピーマンを育てる

ピーマンは2株購入するだけで多くの収穫が望める夏野菜です。夏野菜の中でも育てやすさはナンバーワンです。湿気を嫌うという事だけ気を付けておくと表面の土が乾いた時だけ水を与えるだけでスクスクと育ちます。

ミニトマトを育てる