失敗しないコツを伝授します!家庭菜園でトマトを作る方法

家庭菜園を始めようと思っている方に最初におすすめしたいのは「トマト」です。比較的育てやすいので初心者さんでも安心して取り組むことが出来ます。今回は家庭菜園でトマトを育てるポイントやコツをお伝えします。

家庭菜園でトマトを作る準備


最初にトマトを家庭菜園で作るためにプランターを準備してください。土はホームセンターで購入できるタイプのもので十分です。最初からあれこれ揃えなくても大丈夫です。下準備としてはトマトを植えようとする2週間前にはプランターに土を入れてならしておくと良いでしょう。


トマトを育てる場合には15リットル以上のプランターを準備しておいてください。スペースに問題がなければ出来るだけ大型のプランターで育てた方がうまくいく場合が多いのです。

品種選びはどうするの?

タキイ種苗の「フルティカ」がプランター菜園にはお勧めです。

(主な特徴)
・大玉トマトとミニトマトの間の中玉トマト(果重40~50g)として人気の品種
・果実は真っ赤に熟し、中玉トマトとしては糖度が最高レベル
・耐病性に優れ、トマトモザイクウイルス(Tm-2a)、葉かび病(Cf9)、斑点病(LS)、サツマイモネコブ線虫(N)に複合耐病虫性を有する
・果皮が薄くて口に残らず、食味食感に優れる

plantersaien.com

タキイ種苗の「フルティカ」とは


こちらの品種はトマトの出来上がりは中玉でとても甘い出来上がりが期待できます。その上、葉かび病に耐病性がある点でも初心者向けと言えます。

トマトの植え付け時期に適しているのは4月の下旬から5月上旬のころです。少なくともゴールデンウイーク前後には植え付けを終了しておくことがポイントです。
そして収穫の時期は6月の下旬から9月初旬になります。

トマトを植え付けた後の手入れ

トマトの苗を植え付けた後に準備するのは支柱です。その次に大事なのは伸びてきた苗を支柱に誘引することです。ここは慎重に手間を掛けて行うことで後の成長に大きく影響してきます。

追肥のタイミングをつかもう


一番下の実がピンポン玉の大きさになった時と下から三番目の実がピンポン玉の大きさになった時が肥料を与えるタイミングです。

適芯と脇芽の摘みとり


最初に立てた支柱の高さをトマトが越えないようにしておくことがポイントです。あまりにも背が高くなりすぎると余計な養分が実、意外の部分に行き渡ってしまいます。
そして葉の付け根の方から出てきて言う脇芽は必ず摘み取っておきます。この時期は毎日の見守りが必要になってきます。

水の与え方にも注意が必要


トマトと言う植物は過湿に弱いということをご存じでしょうか?ついつい、早く育ってほしいという想いから水を与えすぎるという傾向が初心者さんには多いようです。
ここは正しい知識を持ってトマトを育てて頂きたい部分なのですが。用土がある程度乾いた状態で水を与えるということが肝心なのです。

家庭菜園のトマト作りのポイントは

1 2