食の宝庫道南でおすすめのお土産12選

北海道の食は、観光都市として知られる函館道南エリアから始まったといっても過言ではありません。かつては松前藩があり、北前船のおかげでさかえた江差などの街もあり昔ながらのおいしい食があります。また、西洋文化もいち早くはいり、北海道らしい酪農も盛んなエリアが近郊にあることからスイーツもおいしい地域。そんな道南からおすすめのお土産をご紹介します。

1. 函館の塩辛 兼八水産


老舗といっても北海道あたりの老舗は昭和なお店が多いのが特徴。函館の塩辛といえばこちらの兼八水産が造る塩辛も老舗の味になる。昭和9年の創業からこだわりの味で地元の人に愛されてきている兼八。

本州のスーパーでみたことがないだけに、地元の人しか知らない味かもしれないけど、だからこそお土産として購入したい一品です。
〒040-0064
北海道函館市大手町8-8
0138-22-8688

2.函館山麓 料亭 冨茂登  いくらの醤油漬け

函館山へ行く途中。函館の街に貢献した高田屋嘉平などの立像そばにあるのがこちら料亭 冨茂登/ふもとです。昭和36年に市電宝来町電停前におでん屋さんをはじめ、その後今の場所で料亭として開業をしています。

1 2 3 4 5 6 7