食の宝庫道南でおすすめのお土産12選

北海道函館の名物ドリンクといえば小原がつくるガラナというのみものですが、もう一つご当地サイダーとして人気なのが銀星シトロンです。いまでこそプラスチックのボトルにはいっていますが、以前は函館市内の大手町の瓶工場で瓶を洗い、瓶入りで販売されていました。

ラベルは昔と変わらない面影をのこしているサイダー。天然水とジャガイモを主原料としているところが、だんしゃくいもやメークインの産地である道南らしい感じがしますね。スーパーやコンビニでこちらも気軽に購入できるので、お土産にどうぞ。

〒041-1196
北海道亀田郡七飯町字中島29-2

11.奥尻島 ご当地キャラ うにまるにも会いに行こう! うにふりかけ

うにまるだよー‼️

A post shared by はじめ (@hajime0621) on

奥尻といえば、うにまるというキャラクターがいるほど道南エリアではウニの産地として知られています。そのウニをつかったうにふりかけがあるんです。
豊かな風味が再現された奥尻のうにふりかけ。ひと振りでも二振りでも、すきなだけふりかけて食べてください。

詳しくは奥尻島観光協会 TEL (01397) 2 – 3456

12.八雲町 ストレスフリーな牛からとれる乳製品 小栗牧場

函館から車で札幌方面へ行く途中。長万部まであと30分ほどというところにあるのが八雲です。長万部墓にめしが有名でみやげといえば長万部で蟹を購入する人もおおいですが、ここはひとつ八雲にも立ち寄ってみませんか?