「ドラえもん」のおすすめリメイク映画5作品!お子さんと楽しんで♪

お子さんと観るのにピッタリなドラえもん映画のおすすめを紹介します♪ 1980年の3月からほぼ年に一回公開され続けている「ドラえもんの映画」!2005年のみリニューアル期(=声優陣の交代)で映画が公開されませんでしたが1980年から数えると、もう36年にもなりますね~スゴイ!そこで今回はドラえもんの映画作品の中から、リメイク映画を厳選して5作品まとめました。ぜひお子さんと楽しんで♪

ドラえもん のび太の恐竜2006 (2006)


ある日、恐竜の化石を自慢するスネ夫に、のび太は「恐竜のまるごとを発掘してみせる!」
と宣言。ドラえもんに叱られながらも、一人で化石を探しはじめる。
やがて恐竜の卵らしきものを発見し、孵化させてみると、生まれたのは白亜紀に
生息していたフタバスズキリュウだった!
のび太はピー助と名づけ、ママに内緒で育て始める。
どんどん成長するピー助を公園の池で飼うことにするが、「公園の池に怪獣がいる」と
町中が大騒ぎに・・・。

のび太はピー助を本当の故郷へ戻すため、タイムマシンに乗り込んだ。
ところが超空間を移動中に謎の男に攻撃されてしまう…。この謎の男の正体は!?
ドラえもんたちは、無事にピー助を故郷に戻すことができるのか!?

のび太が孵化させた首長竜”ピー助”との愛と友情がつまったタイム・トラベルアドベンチャー!

「ドラえもん のび太の恐竜2006」は、1980年の3月に初めてドラえもん映画として公開された「ドラえもん のび太の恐竜」のリメイク作品で、ドラえもんの声優が水田わさびさんになってから初の映画作品です!
のび太がわが子のようにピー助を育てるシーンには、心が温まりますよね♪
動物や自然を大切さが描かれている、ピー助との別れのシーンやエンディングにも涙が止まらない作品です。
ぜひ、お子さんといっしょに観ることをオススメします。

1 2 3 4 5 6 7 8