ちょこっと掃除でキレイが続く!場所別ついで掃除の方法6選

泥がこびりついてしまったときも、ほうきで掃いた後に、おしりふきでこするだけでピカピカになります。取っ手や、棚のたまった汚れもさっとひと拭きするだけで綺麗になります。おしりふきなら、使い捨てなのでいちいち洗って干すという手間も省けます。特に玄関の泥汚れを拭いた雑巾はなかなか汚れが取れず、洗うのが大変です。ぜひ、おしりふきを活用してみてください。成分が心配な場合は、ほとんど水だけで出来ているおしりふきがあるので、そちらもおすすめです。

・お風呂場のついで掃除

お風呂を入った時についでに掃除をする方も多いですね。まだやったことがない方はぜひ試してみてください。毎日の習慣にしてしまえば、お掃除の手間が省けます。まずは頭を洗ったり、体を洗ったりするついでに、ボトルの底をこすっておきましょう。底に水垢がたまってぬるぬるすることを防げます。また、床の汚れは大きめのブラシでこすると楽です。最近のユニットバスの床はでこぼこが多く、歯ブラシで掃除するとかなり大変です。大きめのブラシであればいっぺんに掃除できるので、お風呂に入ったついでに床をこするだけで完了します。

また、最後に湯船を抜きながらお風呂をこすり洗いしましょう。温かいお湯で汚れが緩んでいる状態なので簡単に落とせます。終わりにスキージーで鏡や壁の水滴を取っておけばカビを防ぐことができます。スキージーも幅が広いタイプの物を選べば、すぐに完了します。ホームセンターやインターネットでプロ仕様の物が販売されています。ゴムの部分もしっかりしているので長持ちします。

・リビングダイニングのついで掃除

1 2 3 4 5