すっきり片付く!不用品を処分する方法6選

最近はパントリー等の食品庫があるお宅も増えています。パントリーや大型のキッチン収納は便利な一方、期限切れの食品がたくさん忘れ去られている場合もあります。期限切れの食品がないか、チェックしてみましょう。食品はリサイクルすることができず、燃えるゴミとして捨てるしかありません。

次からは期限を切らさないように、ストック量を見直したり、収納方法を見直してみましょう。手前が古いもので奥が新しいものにすると、古いものから使えるので、期限切れを防ぐことができます。また、目新しい食品や調味料類を購入する際、どれだけのパターンの料理が思い浮かぶか考えてから、購入しましょう。食品をきちんと管理すれば、節約にもなりますよ。

・子供部屋の不用品

子供は成長に合わせて色々なものを買い足さなくてはなりません。そのため、こまめに見直さないと、サイズアウトした洋服や、月齢に合わない育児グッズやおもちゃが溜まっていきます。普段から、片づけついでにチェックすると良いでしょう。子供が使っていないおもちゃを手放したがらない場合は、クリスマスや誕生日前に交渉する方法がおすすめです。「新しいおもちゃを入れる場所がないからいらないおもちゃを選んでね」と声をかければ子供も納得するはずです。

また、子供の作品も思い出が詰まっている分、なかなか処分が難しいです。それぞれの年齢の特にお気に入りの物だけ残して、後は、子供と一緒に作品の写真を撮ってから、処分すると思い出に残すことができます。思い出の作品を大切に残しておくと、子供にとっても素敵な経験になります。

1 2 3 4 5