冬を快適に過ごす!お洒落な暖房器具3選

・気になるコストパフォーマンスは??

デロンギのオイルヒーターは電気代が高いのでは?という印象がありますので、実質の電気代も調べてみました。例えば、一般的な暖房器具の1時間当たりの電気代と比べて、驚くほど高いのかどうか?

・エアコン 8畳~10畳 1時間あたり2.8円~53.5円
・電気ストーブ     1時間あたり(強)24.3円(弱)12.15円
・電気カーペット2畳  1時間あたり6.2円~8.5円

デロンギ・オイルヒーターの場合には、8畳~10畳向けの場合には
1200Wを使用したときには1時間あたり32.4円です。500Wで使用したときには13.5円ですので、驚くほどに高いわけではなさそうです。スタイリッシュな暖房器具として、その佇まいの良さと、柔らかな暖かさに惹かれて設置する人も多いのも頷けます。

■アラジン ブルーフレーム

引用元:https://www.amazon.co.jp/

一昔前の石油ストーブのレトロ感は、お部屋に置くだけで特別なオーラを放ちます。シャビーな風合いの家具を選んでいる人や、ビンテージスタイルが好みという人には、まず欲しい一台!と思わせるストーブです。灯油の調達が必要になりますが、レトロな風ぼうと燃える青色の炎は冬のワンシーンには欠かせないものと、暖房器具に選ぶ人も多いのです。

・幻想的な青い炎に魅せられる瞬間

グリーンが大人気で、昔懐かしさとスタイリッシュさを兼ね備えている、アラジンの石油ストーブは温風が出ない分、ほこりが気にならない良さがあります。そしてお湯を沸かすこともできるので、大人だけの暮らしをされている人には
とにかく好まれています。お鍋をコトコトと掛けておける、とうメリットもあるのです。冬の風物詩として、この石油ストーブを見たら「冬が来た!」と実感する人も多いようです。何と言ってもインスタ映えするレトロ感がたまらないと、密かな人気が集まる暖房器具でもあるのです。
電気を落として冬のある夜、アラジンの暖房器具の中から見える青い炎を見ているだけで、冬にしか味わえない特別な時間を感じられるのです。

1 2 3