大人になったあなたに贈る、心に沁みる感動アニメ映画おすすめ15選

子供のころに観ていたアニメ映画、覚えていますか? ワクワクしたり、感動したり、泣いたり、ぼんやりとした記憶の中にもその時の感情や思いは心の中に残っていると思います。 大人になるとなかなかアニメ映画を観る機会は少ないですが、それらは、日常の生活に追われつい忘れてしまいがちな大切なことに気づかせてくれます。 大人になった今だからこそ観てほしいおすすめのアニメ映画を15本ご紹介します。

トイ・ストーリー3(2010)

61rsph69x-L

トイ・ストーリー3 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

ディズニー

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

http://www.amazon.co.jp/dp/B00FF4LB4U?tag=iremono05-22

トイ・ストーリー3のあらすじ

アンディがおもちゃで遊んでいたのも今は昔。アンディは大学に入学する年齢になり、カウボーイ人形のウッディたちおもちゃは託児施設に寄付されることになった。しかし、そこに待っていたのは乱暴な子どもたち。ウッディは脱出に成功するものの、アンディの元へ行くか、仲間たちを助けに戻るかの究極の選択を迫られる。

【心に沁みる感動シーン】

映画のラストで、アンディが近くに住む女の子ボニーに自分のおもちゃを譲ってあげるシーン。

アンディは、これまで大切に遊んできたおもちゃ一つ一つを手にとってボニーに紹介していきます。
ずっと一緒にいたウッディについて語るところでは、ウッディへの想いが溢れてきて、思わず言葉を詰まらせてしまいます。

そして最後にアンディはボニーと一緒におもちゃで遊んであげるのですが、その時のウッディたちおもちゃは、これまでの生き生きと動いていた彼らではなく、無機質なただのおもちゃとして描かれています。
おもちゃですから、笑うことも、泣くこともしませんが、彼らの表情は確かに、この上ない幸福で満ち溢れています。

アンディがどれだけおもちゃを大切にしてきたのか、そして、ウッディたちおもちゃもまたどれだけアンディのことを大切に想っているのかが伝わってくる、優しさに満ちたシーンです。

“あの頃”の大切な思い出に出会える作品

成長する中で変わっていくものと変わらないもの。
その中で避けては通れない「別れ」。

アンディは大切にしていたおもちゃたちと「お別れ」することで、また一歩、大人へと成長します。
そしてウッディたちおもちゃもまた、アンディとの別れを受け入れ、新たな持ち主の元でおもちゃとしての新たな人生を歩み出します。

「成長と別れ」という残酷にも思える時の流れを、とても美しく優しさに満ちたものとして描いているのです。

誰もが通ってきた道を、幸せで満ちた思い出として昇華させてくれる素晴らしい作品です。

アンディは成長し大人になります。
これは止めることはできません。
ですが、アンディの中にあるウッディやバズたちおもちゃへの想いは、きっと大人になっても消えることはないでしょう。

そしてその想いは、きっと、次の子供たちへと受け継がれていくことでしょう。

映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲(2001)

61bHSjynFeL

 映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲 [DVD]

矢島晶子, ならはしみき, 藤原啓治, こおろぎさとみ, 関根勤

バンダイビジュアル

http://www.amazon.co.jp/dp/B0041IY9KY?tag=iremono05-22

映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲のあらすじ

春日部に誕生した“20世紀博”。そこはひろしやみさえたちが育った70年代のテレビ番組や映画、そして暮らしなどを再現した懐かしい世界にひたれるテーマ・パークだった。大人たちは子供そっちのけで“20世紀博”に熱中していくのだったが……。

【心に沁みる感動シーン】

この映画の感動シーンは、何といってもしんのすけの父、ひろしが過去を回想するシーンです。

しんのすけ達家族のことも忘れ子供に戻ってしまったひろしを元に戻すために、しんのすけはひろしの靴の臭いをかがせます。

ゆっくりと思い出す中で描かれるひろしの思い出たち。

子供から大人になり、就職し、みさえと出会い結婚、しんのすけが生まれ、ひまわりも生まれ、何気ない日常がひろしにとってはかけがえのない幸せであることが伝わってきます。

すべてを思い出したひろしが涙を流しながらしんのすけをきつく抱きしめるシーンには、家族の絆や愛が詰まっていて、何度観ても胸が熱くなります。

前を向く力を貰える作品

大人になれば誰でも、「昔はよかったなあ」と思うときがありますよね。
「あの頃は良かった」「あの頃に戻りたい」――。
そんな思いは日常のふとした瞬間にもこぼれ落ちてきます。

現実が辛いほどその懐古の思いは強くなり、いつしか出口のない思いの中で途方に暮れてしまうこともあるでしょう。

1 2 3 4 5 6 7 8