ミニマリストに学ぶ!持たない暮らしのすすめ7選

日本中に断捨離ブームが起きた後、ミニマリストという必要最低限の持ち物で暮らす人々が話題を集めました。彼らは、こだわり抜いた自分の好きなものだけに囲まれて暮らしています。物が少ないのに、スッキリした部屋はすがすがしく洗練されて見えます。

すべてを真似することはなかなか難しいですが、物に対する姿勢は真似すべきポイントがたくさんあります。そこで、今回は、ミニマリストの方の暮らしを参考に、持たない暮らしを目指す方法をお伝えします。

・1つ買ったら2つ捨てる

 

ミニマリストの方達は1つ物を買うたびに、1つ捨てるのではなく、2つ物を捨てます。この方法を行うことで、家の中に入ってくるものよりも、家から出ていく物の方が増えていきます。また、これを繰り返していくことで、家の中の不用品がみるみるうちになくなります。

そして、購入するたびに、何かを捨てなくてはならないので、本当に必要かどうか、欲しいかどうかを考えるようになります。そのため、不用品がどんどん減り、お部屋が自然とスッキリします。最初はなかなか実践することに勇気がいる行動ですが、慣れてしまえば、自然と行動に移すことができるようになります。

・ゴミの日は不用品がないか探す

ゴミの日に必ず行うのが、不用品がないか探すことです。たとえば、紙をゴミに出す日はプリントや、書類、いらない包装紙や紙袋などを探します。また、燃えないゴミの日は、使えなくなった文具類や、消耗してしまった生活用品などを探しましょう。

1 2 3 4 5 6