家庭菜園で気軽にネギを種や苗から育ててみませんか?

家庭菜園で薬味になるネギを育ててみませんか?家庭にネギは欠かせません。家庭菜園の中でも気軽に始められる植物ですのでそのコツとポイントをご紹介します。

種からネギを育てる方法は?



種まきはプランターな土壌にまず1センチ程度の溝を作ります。段ボールなどを使って作ると簡単です。その水の2センチの間隔を保っツて種を撒いてください。そして1センチ程度ふんわりと土をかけます。

苗づくり必要なアイテムは?



プランターとスコップを準備してください。自分で土をブレンドするのは難しいと思われる初心者さんの場合には元肥入りの培養土がオススメです。

種まきから20日経過後



種まきから20日後になると葉が育ってきます。そこで苗の間隔が5センチ程度になるように2,3回に分けて間引きをしてください。

間引きのワンポイント

間引きをするときについつい乱暴に苗を扱ってしまうと根が傷ついてしまいます。せっかく丁寧に育てていても苗が枯れてしまう原因になります。間引きする際に注意するのは残す株の根を絶亭に傷つけないようにすることです。優しく丁寧に間引きをすることがポイントです。

種まき後30日経過

追肥の時期

週に2回程度の追肥が必要になって来る時期です。ここでポイントは液肥を使うということです。全体に行き渡りますので育成を促進することになります。

液肥の利便性



液体肥料の場合には水に薄めて使うタイプなので効果が早くむらなく植物の土壌に行き渡ることが出来るという利点があります。植物を均一に育てるためには液体肥料はとても便利なのです。園芸店に行くと肥料は大きな袋に入って販売されていることが多いのです。この場合、使い切らないうちに湿らせてしまう事も多く無駄になることもしばしばあります。作物の育ちにもムラが出てしまう事もありますので、液体肥料の方が便利だと言えるのです。

種まきから60日経過



いよいよ株が大きく育ってきていると収穫の時期になります。収穫するときのポイントとして土から5センチ程度を残して刈り取ることです。そうすることでまたネギの新芽が出てきます。

ネギを苗から育てる場合


苗から育てる気軽さ

園芸店でネギの苗を購入して植え付けるという方法もあいますがスーパーで購入できる寝つきのネギを利用するという事も可能なのです。この際には根の部分を一晩水に浸けこんでから植えると根が付きやすくなると言われています。

プランターや鉢に植える方法



鉢底石を敷き詰めたプランターや鉢をじゅんびしてそこに腐葉土を入れます。深さ3センチ程度の穴を掘って苗を1本ずつ丁寧に穴の中に入れます。周りの土を寄せて押えておきます。その後はたっぷりの水を与えます。

苗から植えた2週間後



植え付けて2週間後に化学肥料を追肥するのがポイントです。この後は週に1回の割合で水やりのときに液肥を与えてください。土が減ったら増し土をしてください。

苗から植えた場合の水やりは?

土の表面が乾いた状態になると水を与えます。むやみに多くの水を与えてしまうと根腐れを起こしてしまいますので要注意です。

収穫のタイミングは?

葉が延びて30センチ程度になると収穫時期になります。種から植えた時の同じうように根元を5センチ程度残して上の部分だけを主格するとまた葉が伸びてきます。

一度植えたら当分は収穫可能

家庭では調理に欠かせないと言われるネギは一度苗を植え付けるとうまくいけば経年の収穫が可能になります。経済的にもとても助かる野菜の一つですので是非ともチャレンジしてみてください。

最後に

ネギはそもそも手入れが不要な植物と言われていますがやはり水やりや追肥の知識は大事です。適時行うことがポイントです。成長が早いので春先までに植え付けると夏の間までに3,4回の収穫が可能になります。日当たりの良い場所で栽培をして家庭菜園の醍醐味を味わってみてください。