フジテレビドラマのおすすめ作品をこれまでの歴史と一緒に紹介!

今回は時代の荒波に苦しむフジテレビの現状と一大ブームを巻き起こした過去のヒット作などにもググッと迫っていきたいと思います。 現在テレビドラマ界は空前の低視聴率。 それはネット社会による影響が大きいとされています。 テレビでドラマやバラエティー番組を見るという当たり前だった風習が形を変え始めているからです。 そんな視聴率争いに大きく巻き込まれているのがかつての視聴率王フジテレビ。

黄金期を支えたフジテレビドラマの特徴とは?

テレビ離れが進む中、民放各社は今、視聴率を稼ぎにくくなってきています。

視聴率とはテレビの前でリアルタイムに見ている人たちの数字を表したもので番組を録画し、後から見ている人たちの数は含まれません。

どこでもテレビが見れる世の中で家庭のテレビだけで視聴率を表すというのは難しくなってきている現実があります。

しかしそんな時代だからこそ、斬新な企画で視聴者の興味を一気に釘付けにし、この番組までには家に帰りたいと思わせるドラマを作ろうとする冒険者たちがいなくてはなりません。

ではフジテレビがにぎやかだった時代、いったいドラマはどんな表情を見せていたのでしょうか・・。

ド派手にわかりやすくがキーワード!

フジのドラマが最も輝いていた時代には一つの大きな特徴があります。
それはインパクトのあるド派手さ!そしてドラマに出てくるキャラクターのわかりやすさです。キャラクターがわかりやすいイコール目立つ!目立つイコール派手へと繋がっていったのかもしれません。

例えば「古畑任三郎」!

http://www.amazon.co.jp/dp/B0002Q2KKU?tag=iremono05-22

田村正和演じる古畑任三郎は超が付くほどの個性は刑事でした。
難事件を解決する名刑事でありながら、その癖のあるキャラクターで私たちを魅了し続けてくれましたよね。

まさにオンリーワンの刑事です。

その他、浅野温子主演のオカルト的刑事ドラマ「沙粧妙子-最後の事件-」も強烈な個性派刑事として記憶している人も多いことでしょう。

お次は「ナースのお仕事」!


朝倉いずみ(観月ありさ)のナース成長期をつづったこのドラマはドジで天然な朝倉が同僚や先輩に支えられながら奮闘していくクスッと笑えるコメディーです。
こんなナース見たことない!でも彼女の失敗や疑問を通してナースの仕事ぶりがわかるというまさに「ナースのお仕事」を身近に感じさせてくれた作品でした。

シリアス作品では主人公と悪役でメリハリを。

シリアスな作品でいえば番組内に悪役が居たのも黄金期のフジテレビドラマの特徴だったようにおもいます。例えば「悪魔のKISS」や「この世の果て」などなど。

そして今では難しくなった大胆なストーリーにも精力的に取り組んでいました。例えば「神様、もう少しだけ」。若き深田恭子とアジアの大スター金城武が主演し大ヒットしましたよね。

伝統の月9枠ではやっぱり王道のラブストーリーが見たい!

フジテレビのドラマといえば何と言っても月曜9時枠、いわゆる「月9(ゲツク)」が有名ですよね?この時間帯は昔からラブストーリーが大定番で数々の伝説を作った伝統ある場所でもあります。ココから多くのスターが生まれ、また多くの名作が誕生してきました。

1 2 3 4 5