フジテレビドラマのおすすめ作品をこれまでの歴史と一緒に紹介!

今回は時代の荒波に苦しむフジテレビの現状と一大ブームを巻き起こした過去のヒット作などにもググッと迫っていきたいと思います。 現在テレビドラマ界は空前の低視聴率。 それはネット社会による影響が大きいとされています。 テレビでドラマやバラエティー番組を見るという当たり前だった風習が形を変え始めているからです。 そんな視聴率争いに大きく巻き込まれているのがかつての視聴率王フジテレビ。

黄金期を支えたフジテレビドラマの特徴とは?

テレビ離れが進む中、民放各社は今、視聴率を稼ぎにくくなってきています。

視聴率とはテレビの前でリアルタイムに見ている人たちの数字を表したもので番組を録画し、後から見ている人たちの数は含まれません。

どこでもテレビが見れる世の中で家庭のテレビだけで視聴率を表すというのは難しくなってきている現実があります。

しかしそんな時代だからこそ、斬新な企画で視聴者の興味を一気に釘付けにし、この番組までには家に帰りたいと思わせるドラマを作ろうとする冒険者たちがいなくてはなりません。

ではフジテレビがにぎやかだった時代、いったいドラマはどんな表情を見せていたのでしょうか・・。

ド派手にわかりやすくがキーワード!

フジのドラマが最も輝いていた時代には一つの大きな特徴があります。
それはインパクトのあるド派手さ!そしてドラマに出てくるキャラクターのわかりやすさです。キャラクターがわかりやすいイコール目立つ!目立つイコール派手へと繋がっていったのかもしれません。

例えば「古畑任三郎」!

51rKtnOlDFL

http://www.amazon.co.jp/dp/B0002Q2KKU?tag=iremono05-22

田村正和演じる古畑任三郎は超が付くほどの個性は刑事でした。
難事件を解決する名刑事でありながら、その癖のあるキャラクターで私たちを魅了し続けてくれましたよね。

まさにオンリーワンの刑事です。

1 2 3 4 5 6 7 8