籠を使ったキッチン収納術・魅せるキッチン5選!

キッチンでの使い方・収納方法5選

1乾物を入れて見える収納

乾物をジップロックに入れて浅い籠に入れておけば、見てすぐに何がどれだけあるのか分かるので、使い忘れや買い忘れを防ぐ事ができ、とても管理しやすいです。間口が広くて浅い籠は中が見やすく、何が入っているのか把握しやすいので、乾物の他にも調味料のストックをまとめておくなど、キッチン収納では使い道がたくさんあります。

2 はさみや栓抜きなどを立てて収納

籠の中に小分け出来る缶や瓶を入れて、キッチンばさみ、ワインオープナー、栓抜き、缶切などを立てて収納しておくと、すぐに手に取り易く便利です。小さなスプーンやフォークを缶や瓶ごとに分けて一つの籠にまとめておけば、パーティーの時などそのままテーブルに出すことも出来ます。

3 束子や付近など、軽いものをぶら下げて収納

取っ手付きの籠は S字フックを使ってぶら下げて収納してみましょう。中には束子やスポンジ、布巾など軽いものを入れておけば、誤って落としてしまったときにも安心です。

一つだけでも素敵ですが、いくつかまとめてぶら下げておくと統一感が生まれ、インテリアとしても素敵です。

4 菜ばしやフライ返しもぶらさげてみる

縦長の籠には菜ばしやフライ返しなどを差して収納します。ぶら下げ収納は場所を取らず狭いキッチンも広く使う事が出来ます。使いかけのパスタや、月桂樹やローズマリー、オレガノなどのハーブをドライにしてぶらさげた籠に差しておけば、料理中にすぐ手に取る事ができ、インテリアとして見た目にもお洒落で使いやすいです。