エコで安全!ナチュラルクリーニングの方法4選

重曹は湿気も吸収してくれるため、除湿剤の代わりにもなります。食品と同じ成分なので、食べ物が入っている冷蔵庫にも安心して使用することができます。また、香りが欲しい場合はお気に入りのアロマオイルを垂らしても良いでしょう。重曹で作った消臭剤は2ヶ月ほど効果が持続します。使い終わった後は、掃除に使うことができるのでとてもエコです。

さらに、重曹はお湯に溶けると、二酸化炭素の泡が発生します。そのため、焦げた鍋で重曹をいれたお湯を沸かすと、発生した泡の力で焦げを落とすことができます。特に土鍋など、強力な洗剤が使用できない鍋におすすめです。

焦げ付きが頑固で、一度で取れない場合は重曹を入れてお湯を沸かす行為を繰り返し行いましょう。何度も行うことで焦げが落としやすくなります。ついでに鍋の中までピカピカになるので、とても気持ちがいいです。

・クエン酸

クエン酸とはお酢にも含まれている成分です。クエン酸はその名の通り、酸性のため、アルカリ性の汚れを中和させる働きがあります。アルカリ性の汚れといえば、石鹸カスや水垢、トイレの黄ばみ汚れがあります。

そのため、お風呂やキッチンといった水回りのお掃除にとても有効です。例えば、水栓にこびりついた水垢や、石鹸カスにクエン酸スプレーを吹き付けて、ラップを上から貼って1時間ほど放置します。その後にラップを剥がしてスポンジでこすると、石鹸カスや水垢がするりと取れます。

この方法は、ウロコがついてしまった鏡にも使うことができます。1度で取れない場合は何度もパックして擦ると、より綺麗に落とすことができます。それでも落ちない場合はダイアモンドパッドを併用しても良いでしょう。ただし傷がつく場合があるので、慎重に擦りましょう。

1 2 3 4 5