エコで安全!ナチュラルクリーニングの方法4選

換気扇にスプレーして数時間放置してから、ウエスや雑巾でふき取ります。ふき取った後はお湯で流しながらスポンジで擦り洗いするとスッキリします。べたべたした油汚れも楽に落とすことができるので大掃除にもおすすめです。

スプレーだけでうまく油汚れが落とせない場合は桶に張った水の中にセスキ炭酸ソーダを溶かして放置するのも良いでしょう。ただし塗装がしてあるタイプの物は、塗装が剥げてしまう場合があるので注意しましょう。

また、皮脂汚れにも強いため、手垢や皮脂汚れにも効果があります。ドアノブやドア周り、窓などの汚れに使用するとピカピカになります。特に小さいお子さんがいるお宅は手垢汚れがつきものです。セスキ炭酸ソーダでこまめに拭き取りましょう。

・エタノール

病院の消毒によく使われているのがエタノールです。エタノールには濃度が100%に近い無水エタノールと、80%前後に薄めてある消毒用エタノールがあります。どちらもドラッグストアで手に入れることができますが、無水エタノールは揮発性が強いため、掃除には消毒用エタノールがおすすめです。また、使用する際は火気を避け、しっかり換気をして掃除しましょう。

エタノールが強い効果を発揮するのがカビです。エタノールはカビの菌にとても強く、カビの発生を抑える力があります。そのため、おすすめなのが寝室の掃除です。寝室は湿気が溜まりやすいため、カビが発生しやすいからです。

乾いたタオルに含ませてベッドのすのこなど、カビが生えやすい場所を拭くと、カビの発生を抑えることができます。カビが発生しやすい部屋の隅や、窓枠の周り、ベッドを拭くのにも使うとさらに効果的です。ただしニスやワックスが塗られている床や家具には使えないので注意しましょう。