子供がいても大丈夫!カンタン時短家事の方法7選

合わせ調味料は、それだけで味が決まるので、とても便利です。おすすめなのは、塩だれや照り焼きのたれ、カレー粉、ハーブスパイスです。調理の仕上げに振りかけて炒めるだけで味が決まります。数種類の調味料を混ぜ合わせる時間が短縮できるため、時短につながります。

また、しょうゆやみりん、酒など基本の調味料はいいものを使うようにしましょう。味に深みがあるため、シンプルな味付けでも、料理がおいしくなります。量も少しだけで味が決まるので健康にも良いです。

・家電をフル活用する

現在では食洗機やお掃除ロボなど、家事の負担を軽減することができる家電が揃っています。海外ではこのような家電を使うのが日常的になっています。特に北欧など共働きが多い国々では、家事の負担を減らして、その分を家族の団らんに充てるという感覚が身についています。

日本人はどうしても、自分で家事をやらなくてはならないという固定観念があります。ですが、家事を行うことで家族の時間が減ってしまうのは本末転倒です。ほんの数分でも、子供に絵本を読み聞かせしたり、子供の話を聞いてあげる時間を作るだけで家庭が明るくなります。家事の負担は食洗機やお掃除ロボにお任せしましょう。

また、調理家電も近年便利な物がどんどん増えてきています。時間の使い方が上手な方に、最近人気なのはハンドブレンダーやフードプロセッサーです。1つで刻む、つぶす、混ぜるといった時間のかかる下ごしらえを済ませることができるのでとても便利です。また、細かく刻まなくてはならない離乳食づくりにも大活躍します。

・ネットスーパーや生協を活用する