家庭菜園の肥料についての知識を深めたい方のために!これを選べば間違いなし

家庭菜園の肥料と言ってもいざ、園芸コーナーにで向くと数多くの種類に迷いを感じてしまう事も多いのではないでしょうか?実際に家庭菜園に適した肥料というのもはどのような形で選べばよいのでしょうか?また上手な肥料の与え方についてもまとめてみましたので参考になさってください。

家庭菜園の肥料についての豆知識

肥料の3大要素を覚えておく

家庭菜園で植物を育てる際に必要あのは①窒素②リン酸③カリと言われています。一般的に販売されている家庭菜園用の肥料の場合にはこれらが配合されているので個別に購入する必要はありません。初心者さんの場合には化学肥料を選んで家庭菜園にトライするほうが良いと思います。

3大要素の役割

窒素は植物の葉や茎が丈夫に成長するために必要な肥料なのです。そして花や実をつっけるためにはリン酸が大事になってきます。根の栄養分についてはカリという肥料が必要なのです。

有機肥料と化学肥料はどう違うの?

有機肥料とは?

有機肥料というのは植物性や動物性の肥料のことを意味します。 堆肥、鶏ふん、牛ふん、骨粉が該当します。これらの肥料をバランスよく配合しエイルものが有機配合肥料と呼ばれるものなのです。

化学肥料とは?

化学肥料の売亜には工場で合成されて作られています。窒素肥料・硫酸カリ・リン酸肥料をバランスよく配合されているものが化学肥料なのです。

原料や効き目も違う

化学肥料の場合には大量生産が可能なために価格的にも安価で手に入れる事が出来るのも特徴です。その逆に有機肥料の場合には素材が自然素材なので価格的にも割高になります。

化学肥料と有機肥料の効き目はどう??

化学肥料の場合には植物に対して必要な栄養分が吸収しやすいという特徴があります。人間の世界に置き換えると抗生物質のようなイメージです。逆に有機肥料の場合には即効性は少ないとされています。じわじわと植物に行きわたる感じをイメージしてみてください。有機肥料は植物に優しいという事も言えますね。

化学肥料の効き目は?

1 2