きっと喜ばれる!ワンランク上のパリ土産5選

30年間連続して世界一の観光客数を誇るパリ。そんな観光都市、パリでいつもお世話になっている人や親しい友人たちにちょっと良いものを贈りたい、という方も多いのではないでしょうか。

今回はパリジェンヌにも人気を誇るパリで買えるオススメのお土産グッズをご紹介していきます!

フレンチの巨匠が作るチョコレート

 

史上最年少で3ツ星レストランの地位を獲得したフランス料理界きっての巨匠、アラン・デュカス氏。

日本通なことでも知られているアラン・デュカス氏ですが、そんな彼が手がけるチョコレート専門店Le Chocolat Alain Ducasse(ル・ショコラ アラン・デュカス)は舌の肥えたマダム世代にも人気です。

ナッツやドライフルーツ入りのものから70%以上のカカオ高配合のものと種類もたくさんあるので、店頭ではどれを買おうか迷っているパリジャンも多く見られます。

直営店舗はパリ市内に4店舗、かつパリ北駅のユーロスターのコーナーにスタンドもあるのでフランスから他国ヨーロッパを旅行する時や乗り継ぎの時にも購入できます。

パリジェンヌのジャム!?

続いてご紹介するのがConfiture Parisienne(コンフィチュール パリジェンヌ)。日本語に訳すと「パリジェンヌのジャム」です。その名の通りイチゴやパッションフルーツなどのジャムを取り扱っています。と言ってもただのジャムではありません。

例えばトマト、イチゴ、レモン、バジリックの組み合わせのジャムがあったり、りんご、グレープフルーツ、はちみつ、そして唐辛子!のジャムがあったりと原材料にとてもユニークな野菜や果物を使っています。