失敗しない!不用品を上手に処分する習慣8選

気が付くと溜まっているのが不用品です。1つ1つは小さい物でも、たくさんあればそれだけでスペースが占領されてしまいます。とはいえ、不用品をチェックするタイミングを逃してしまうと、なかなか捨てることができません。そこで、今回は使わない不用品を処分するための習慣をご紹介します。

・季節の変わり目にいらないものをチェックする

ぜひやってもらいたいのが季節の変わり目にいらないものをチェックする方法です。季節の変わり目には、衣替えをしたり、季節家電やシーズン用品を出し入れしたりします。押し入れやクローゼットから出し入れするタイミングで処分すれば入れたり出したりする手間が省けます。

まず、衣替えをするときはいらない服がないかチェックしてみてください。いらない服とは、サイズの合わない服、1年以上袖を通していない服、年齢に合ってない服、毛玉やほつれが出来ている服などです。迷った場合には自分がその服を着て出かけたいと思うかどうか考えましょう。

出かけたくないと感じる服であれば袖を通すことはまずありません。部屋着やパジャマにするから、という理由で保存している場合はすぐにそうしましょう。クローゼットにわざわざ眠らせておく必要はありません。

また、ストーブや扇風機、加湿器、あんかといった季節によって使う家電も出し入れするタイミングでチェックしましょう。子供が生まれてから危なくて使わなくなった、子供が巣立ったからいらなくなった、間取りが変わって必要なくなったと眠っている季節家電がないか確認します。