のせ弁・おかずをのせるだけ弁当♪秘密のコツ!レシピ付き

毎日早起きして家族みんなの朝ごはんを作り、旦那と子供のためにお弁当を拵えて、見送って後片付けして家中掃除機かけて、気がついたらもう昼過ぎ。そんな毎日に、ちょっと疲れてしまうこともありますよね。美味しいものを作ってあげたいのに、時間がなくて思い通りにいかず自己嫌悪に陥ったり、冷凍食品ばかりのお弁当を見て、こんなの作りたい訳じゃないとため息をついたり。朝のせわしない時間、もう少しゆとりを持って挑みたい!そうすればもっと笑顔で見送れるかもしれません。

そう思っているあなたに、ちょっとした工夫で余裕を持って朝の時間をやりくりできる簡単なコツをご紹介します。

朝の作業はシンプルに!

朝はメインのおかずと卵料理だけ!あとのものは全てストックして乗せるだけ。コツといえばこれだけなのですが、朝の作業がシンプルになると、お弁当作りが劇的に楽になります。例えば上のお弁当は、にんじんのマリネ、蒸しブロッコリー、高菜漬け、梅干し、全てストックしておいたおかずでOKです。

簡単にレシピをご紹介しましょう。

<人参のマリネ>人参は千切りにして水に晒し、よく水を切ってしかるく塩をまぶしておく。市販のすし酢にお酢と塩を足して好みの甘さに調節し、鷹の爪を一本入れる。保存容器に合わせて入れる。

<蒸しブロッコリー>小房に分けて蒸篭で蒸し、冷凍しておく。

<高菜漬け・梅干し>市販のもの。高菜漬けは刻んでストックしておく。朝は卵を焼いて、シャケをトースターで焼いただけ。シャケは夜、晩御飯のついでに焼いてしまってもいいですね!

豪華で美味しい!でもとっても簡単

こちらも朝はお肉を焼いただけの簡単メニュー。インゲンは塩茹でにして冷凍しておきます。冷凍しておいたブロッコリーとインゲンは前の晩から自然解凍。煮卵とピクルスは作り置きしておくと便利です。

<煮卵>卵を常温にして、沸騰したお湯で7分ほど茹でる。麺つゆにニンニク一片と鷹の爪を入れ、保存容器に殻を剥いた卵とともに入れる。

<ピクルス>野菜(胡瓜・大根・人参・蕪など)は細長い乱切りにして、塩をまぶしておく。市販のすし酢にお酢と塩を足し、好みの味に調整しピクルス液を作る。保存容器にローリエ、ディル、鷹の爪、粒こしょう、切った野菜とともに入れ、漬け込む。

1 2 3 4