DIYで子供部屋を作ろう!おすすめの押し入れ改造術20選

子供の成長に合わせて、子供部屋を追加! なんてことが簡単にできないのが日本の住宅事情。でも、子供の成長に合わせて、子供用のスペースが必要になることも事実。そんなときは、押し入れをリメイクして子供部屋にしてみませんか? 今回は、日本中のすごい技の持ち主の押し入れリメイク術、どーんとご紹介します。もっとオシャレな子供部屋にこだわりたい人は『イケアの商品でおしゃれ可愛い子供部屋を作ろう!真似したいアイデア8選!』も合わせて読んでみてくださいね♪

 

子供部屋に必要なもの

子供部屋と一口で言っても、いろいろ必要なものがありそうです。少し見ていきましょう。

収納スペース

おもちゃや子供用の雑貨、出来れば自分で片付けられるようになって欲しいもの。そうでなくても、子供用のアレコレを収納するスペースが必要ですね。

机と椅子

子供は友達や家族の真似をしたがるもの、机と椅子があれば絵を描いたり本を読んだり、結構気に入ってくれることも多いですよね。これも、あった方が良いスペースですね。

汚してもいい壁

子供は汚すのが仕事!と言い切っても良いぐらい、あちこち汚しますよね。いくらおしゃれな空間を作っても、汚れやすかったり、掃除がしづらいのはダメ。簡単にキレイに出来る、というのも子供用スペースのポイントですね。

押し入れDIY例 20選

さぁ、ここからは押し入れを子供用のスペースにDIYでリメイクした実例を見ていきましょう。

下段を使って

子供が小さい家は高いところに上がるのは危ないので、下段を活用するのが良いですね。
大人からみれば狭い空間なのですが、身体の小さい子供にとってはちょうど良いサイズだったりします。

子供部屋 押し入れ
img.roomclip.jp

壁紙を貼って、汚しても良いようにしてありますね。
お気に入りのぬいぐるみや小さな机を置けば完成です。


こちらはお部屋らしく、古い建具をペイントして、間仕切りにしています。レンガ調の壁紙に、小さなテーブルセット。お友達が来て一緒に楽しんでいて、とても良いですね。

子供部屋 押し入れ
img.roomclip.jp

男の子のお部屋。白くペイントした「すのこ」を壁紙代わりに貼って、ブロックカーペットを敷いています。
照明をつけてあるので、長時間ここで遊んでも目を悪くする心配は少なそうです。
お気に入りのおもちゃを持ち込んで、楽しそうですね。

子供部屋 押し入れ
img.roomclip.jp

こちらは、お片付けが好きというお子さんのお部屋。
収納棚を充実させて、好きなだけお片付けが出来るようにされています。

子供部屋 押し入れ
img.roomclip.jp

子供用の家具やおもちゃを並べるだけでも雰囲気が出ます。
壁一面に黒板を貼って、落書きできるように工夫されています。


こちらは本格的に間仕切りとドアをつけて、独立したお部屋になっています。
こんな素敵なご両親の子供に産まれかわりたくなります。


でも、そんなに凝ったことをしなくても大丈夫!
ふすまを外して、おもちゃや絵本がきちんと収納できるようにして、ラグで遊ぶスペースをはっきりさせたら、もうそこが子供部屋です。

上段を使う

少し大きくなってきたら、上段も使ってスペースを広げる工夫をされていることが多いようです。

1 2 3