お部屋の模様替えのコツをご紹介(新生活向け)

寒い冬も終わりもうそこまで春がきていますね。新生活に向け新しい気持ちにするため模様替えなんてしてみませんか?気持ち新たにワクワクする春の第一歩になりますよ。引越しをする方の新しい部屋作りにも参考になる模様替えのコツを伝授いたします。

まずはコンセプトをきめよう

お部屋の模様替えの際には、まずコンセプトを決めるのが1番です。

どのような部屋にしたいか、どこに何をするためのスペースをもっていきたいかなどを決めることが大切です。またカーテンの色や家具の色から考えていくのもよいでしょう。

見取り図で考えをまとめよう

見取り図といっても設計図とは違うので、簡単なもので自分がわかるもので作りましょう。

見取り図を作るときのポイントは次のとおりです。
・簡潔にかく。
・大きな家具や家電から配置場所を決めていく。
・こまごましたものはわかりづらくなるのでかかない。

配置換えで注意すること

大きな家具・家電の配置

見取り図にかきこむときに注意することは次のとおりです。
・サイズをしっかり測ってから配置を決める。
・高さを統一して家具を並べるとすっきりして見える。
・全部配置しなければならないわけではないのでこの際不要なものは捨てる勇気を持つ。
・高さのある家具の配置には、エアコンの風が直接当たらないか、天井の突起物などに当たらないかなど配慮する。

小物の配置

小物の配置については次のことを注意しましょう。
・クッション、リモコンなど部屋ごとに分けて箱などにまとめておく。
・引き出しはとりあえず移動させ、中の整理は一番最後に行う。
・ゴミ箱、植木など移動の邪魔になるものは最初からよけておく。

新しく購入するとき

引越しをする方やこの機会に新しく家具や照明を買う方、買いなおす方は次のことに注意するとよいでしょう。

部屋を作るときのコンセプトに合わせた色や柄、デザインのものを買うと配置しやすくなります。そして高さのない家具は部屋を広く見せるので新しく購入する際には気をつけて選ぶとよいでしょう。

照明を購入するとき

1 2 3