家庭菜園でミニトマトを失敗せずに育てる方法は?

ミニトマトは家庭菜園の初心者さんでも取り組むことができる植物として有名です。そこで失敗せずに栽培する方法を含めて家庭菜園でミニトマトを育てるコツをまとめてみました。

家庭菜園でミニトマトを育てたい!


ミニトマトはホームセンターに行くとミニトマトの種や苗が販売されています。実際には種から育てる方法と苗から育てる2種類の方法があるのでうが初心者さんの場合には苗から育てる方法の方が失敗が少ないと言われています。

ミニトマトの栽培ポイント


ミニトマトを育てる時の気温に注意をしてください。昼間は25℃前後の気温が保てる時期で夜間でも17℃前後が最適だと言われています。そして水やりのタイミグも大事です。夏の時期の栽培では30℃を超えてしまうと逆に発育が悪くなってしまうのです。

ミニトマトの苗はこう選ぶ!


苗をよく観察して節の間隔が短いものを探してください。そして茎が太くて葉の色が濃いものを選んでください。もう一つ大事なのは病害虫の被害を受けていないものを選ぶのも大事です。

よく見ると双葉が残っている苗は優良

苗の中に双葉が残っているということは十分な養分が蓄えられているということなのです。当然、ミニトマトの実にも期待できるというわけです。


ミニトマトの品種は?


ミニトマトの品種はやはり味で選びますか?それとも実付きのよいものを選びますか?実際には一般的に流通しているものを選ぶのが無難です。初心者さんの場合には珍しい品種は避けた方が良いでしょう。

「アイコ」という新種がオススメ

ミニトマト「アイコ」は縦長の形をしています。なんと言っても甘さが特徴のミニトマトの品種なのです。この品種の特徴として病気に強いということが挙げられます。ミニトマト栽培のポイントさえつかめば育てやすい品種であることは間違いなしです。

ミニトマトの土はこう作る


排水性の良い用土をまずは準備してください。ホームセンターなどで購入できる野菜用の用土であれば問題ないと思います。自分で配合する売亜には赤玉土が7に対して腐葉土が3そこにバーミキュライトを1を配合してください。

日当たりも重要

排水性の良い土を選んだ上で日当たりの良い排水性の良い場所を選ぶということも大事なのです。土の準備が出来ましたら「畝
」を立てておきます。土を盛り上げて寄せておくという感じでも大丈夫です。

苗の植え方


苗をビニールポットから出して深さ30センチ以上の鉢がプランターに植え付けてください。根を崩さないように気を付けて苗を植え付けた後は水分をたっぷりの含ませるのがコツです。すぐに苗が風などの影響を受けないように支柱を立てておいてください。


支柱の重要性

苗を植え付けた後3週間もすると苗が伸びてくるので支柱にしっかりと添わせるように括りつけます。長さ180㎝程度までの支柱は必要になります。

脇芽も手入れしておくこと

節から出て来る脇芽は丁寧に摘んでおくことも大事です。この作業をきちんと行うとミニトマトの実が大きく育ちます。

1 2