ノンカフェインでも満足!女性に嬉しいおすすめ飲み物♪

コーヒーや紅茶が大好きだったのに赤ちゃんができてカフェインが取れなくなったり、夜中に飲む美味しいお茶を探しているけれど、なかなかノンカフェインのものが見つからないという方必見!安心して飲める美味しいお茶をご紹介します。

カフェインを避けた方がいい理由

大好きなコーヒーや紅茶。でも多量のカフェイン摂取は肌荒れしたり体を冷やしてしまったりと、体に思わぬ弊害をもたらします。妊娠中などは特に避けたいカフェイン。ほっと一息つくティータイムに、ノンカフェインのハーブティーやコーヒーの代わりに飲めるデカフェなら、夜中も、妊娠中も安心して飲むことができます。

ノンカフェインでも妊娠中は飲まない方がいい物も

ハーブティーは、ノンカフェインで良い香りがリラックス効果を促し、眠る前に飲むと質の良い睡眠をとることができるものもあります。ですが、妊娠中には摂取しない方がいい成分のものも多くあります。あらかじめチェックして覚えておきましょう。

ジュニパー、カモミール、ジャスミン、ハトムギなどは一般的に手に入りやすく、ダイエットやストレス緩和などに役に立つと言われています。女性にとってはすすんで飲みたいハーブティーですが、妊娠中は子宮の収縮を促すため、妊娠初期から中期には避けた方が無難です。フェンネル、ローズマリー、マジョラムなども、子宮を刺激する成分が含まれていると言われています。

妊娠中は飲めるものも限られてしまい、少し窮屈な気持ちになってしまうかもしれませんが、赤ちゃんが元気に産まれてくるまでのほんの数カ月間、ママにも赤ちゃんにも優しいハーブティを覚えておけば、安心して楽しく過ごすことができます。

ノンカフェインできれいの味方♪おすすめハーブティー

女性に嬉しい成分が含まれた、積極的に摂取したいハーブティーをいくつかピックアップしてみました。妊娠中でも安心して飲める優しいハーブティーです。

冷え性改善♪ジンジャーティー

こちらは体をあたためてくれる生姜。冷え性に悩まされる女性も多いため、積極的に取りたいハーブの一つです。足先の冷えやむくみなどを感じる方は、生姜湯を就寝前に一杯飲むと体が温まりぐっすり眠ることができます。妊娠中のむくみ対策としても安心ですね。

ドライジンジャーは、摂取しすぎると消化器官に悪影響を及ぼしたり低血糖などの悪影響を及ぼす可能性があるので飲む量に気をつけ、生の生姜を擦りおろすなど工夫してみましょう。黒糖などで甘みを加えるとより美味しくいただけます。

ピリッと甘酸っぱいアップルジンジャーエール

出典: ABC Cooking Studio

炭酸飲料が飲みたい時、ノンカフェインでお砂糖の調整もできる自家製のアップルジンジャーエールなら、カロリーを気にする事もなく美味しくいただけます。

詳細はレシピサイト/ABC Cooking Studioへ

ミネラル豊富!ルイボスティー

ルイボスティーには、鉄分や亜鉛、カルシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。血行促進を促し、美肌効果や便秘解消にも効果が期待できます。また、利尿作用もあるためむくみの解消にも役立ちます。

しかし、ルイボスティーは飲みすぎるとお腹がゆるくなってしまうこともあるので注意が必要です。またアトピー体質の人にとっても、低タンニンという成分がアレルギー炎症を起こしてしまう可能性も。飲み過ぎには注意し、適量を美味しくいただきましょう。

チアシードをプラスして栄養をプラス♪

出典:

ルイボスティーを使ったミルクティーに、栄養満点のチアシードを加えて作ったミルクティー。ミルクは、ソイミルクにしても美味しいです。シナモンと蜂蜜を足して、より満足度の高い一杯に。

カフェインフリー☆チアシード入りシナモンミルクルイボスティー by 伊藤協子 | レシピサイト「Nadia」ナディア