知ってますか?ウォシュレットの掃除の正しい方法

ウォシュレットの掃除というのは大きく分けてノズルの掃除と便器周りの掃除のことを指します。実際に 汚れが気になりだす前にこまめに掃除をしておくべき場所でもあるのです。この機会にウォシュレットの掃除方法を覚えておいてください。こまめに掃除をしておくことで深刻な汚れに陥る前にキレイなトイレを保つことが出来るのです。掃除に関することは『汚れを落とすだけじゃない!お掃除と無水エタノールのアロマな関係』でも紹介しているので合わせて読んで下さいね♪

ウォシュレットの掃除は重要

トイレ掃除と言えば便器のの中や便器の周りに終始していませか?最近はウォシュレットトイレが増えていて隙間の汚れまできちんと掃除をする必要性があります。意外と見落としがちな場所でもあるということをご存じでしょうか?

便器とウォシュレットとの隙間が鬼門!

ノズルは驚くほどに汚れているものです。しかしながらこの部分を毎回トイレの度に拭き掃除というのは現実的になかなか習慣にはならないものです。特にノズル掃除については積極的に掃除をしておくべきです。最近はウォシュレットにノズルをお手入れする機能がついていますが、それだけでは十分に汚れが落ちたとはいえないのです。汚れがきれいに落ちていないこともあるので、要注意ですよ。

ノズルの汚れ対策は?

ウォシュレット専用のクリーナーを準備出来る場合には利用して汚れを落とします。又トイレ用の中性洗剤を薄めたものでも代用できます。ウォシュレットトイレの場合にはノズルが汚れてしまうとどうしても不潔になりがちです。

ウォシュレットトイレお掃除にチャレンジ

トイレの掃除を表面的なものだけに留めておくと本当に汚れが取れにくくなってしまいます。きれいなトイレを目指すために日頃のお手入れを強化してみませんか?トイレがキレイだと気分が良いものです。芳香剤だけで臭いをごまかすことなくきれいな掃除を心掛けましょう。

割りばしを利用する

便座とフタの隙間のお手入れのために割りばしの先に布を巻いて輪ゴムで止めておきます。この割りばしをつかって隙間の掃除をしていきます。最近は掃除用のクリーナーなどが販売されていますので大いに利用してください。

掃除の頻度は?