野菜の飾り切り♪簡単なコツでお料理を華やかに!

お弁当や煮物、おせち料理やお食い初め、ちらし寿司、おもてなし料理、様々なシーンで活躍する飾り切り。なくても困らないけど、可愛いお花の人参や、松の葉のように繊細なきゅうり、美しい模様のラディッシュなど、さりげなくお料理に添えてあると、目にもグンと華やかです。ぜひ覚えて日常的に活用したい!そんな方のために、簡単な飾り切りの方法と、それを使ったお料理をご紹介します。

まずは基本!お花の飾り切り

様々なお料理に添えられて、鮮やかな色と形でお料理を引き立ててくれるお花の飾り切り。加工しやすく初心者にも簡単で、取り入れやすいといえます。あまり細かいことをせず基本的な作業で野菜をお花の型にする方法で、いつものお料理に季節感や彩りを添えてみましょう。

コロンと可愛い梅人参

人参の嫌いなお子様のお弁当にも、お花やハートの飾り切り人参を添えると、好き嫌いがなくなるかもしれません。飾り切りは、普通包丁で行いますが、初心者にはなかなかハードルが高い作業です。飾り切り用の型抜きを使って簡単に作ってみましょう。

色々な料理で見かけることの多い梅人参は、春を心待ちにする気持ちを梅の花に見立て、お正月料理などの冬の料理に使われます。輪切りにした人参を梅の型で抜き、包丁を入れて形を整えます。梅の型がなければクッキーの星形を使って抜いて、角を丸めても。

応用して表情の違うお花で華やかに

梅人参と同じ要領で、型抜きの花びらの数を変えたり、京人参や大塚人参といった色の違う人参を使ったりして、いろいろなお花を作ってみましょう。ほんの少しの違いでもお花に表情が出て、一層華やかになります。

一つ添えるでけでも華やかに♪花れんこん

スライスした蓮根の花に沿って切り込みを入れてカーブをつけていく花れんこん。おせちでは蓮根に対する「見通しがきくように」という意味にプラスされて、「花の後に実を結ぶように」という由来もある縁起の良い食べ物でもあります。白いお花に水玉のような穴の開いた形が、おしゃれなお料理と組み合わせると、意外と引き立ちます。

 お花の飾り切りを動画でチェック!

出典:AJINOMOTO PARK RECIPE

和食の基本、梅人参ですが、一度覚えてしまえば簡単で、いろいろな野菜に応用できますし、和食に限らずお料理に花を添えてくれます。