安心安全の基本!家庭菜園で重要な土作りの方法♪

家庭菜園で安心安全を追究した植物を作りたいと考える場合、基本となるのが良い土作りです。丈夫で病気になりにくいに野菜を作るための土つくりの情報をまとめてみました。家庭菜園を始めるのですから、知識をしっかりと得て美味しい野菜を作りたいですよね。

家庭菜園・基本の土作り

プランター栽培以外の方法で家庭菜園を始める場合には何といっても畑作りが必要になります。菜園を作る場所の部分をまずは掘り起こすことから始めます。少々重労働ですが菜園を作るためには基本的に大事なことなのです。

菜園を作る土壌の部分を決めます。
雑草等がある場合には、除草剤を使ったり、刈り取るなどして、あらかじめ処理をしておきます。菜園位置が決まったら、紐等で仕切っておきます。
www.cainz.com</span –>

その畑の土壌は大丈夫??

畑の水はけは大丈夫でしょうか?そして通気性の方はどうですか?まずは家庭菜園を始める場所としてそこが適しているのかどうかを判断することが大事です。
風通しや日光の量なども家庭菜園においては重要なことです。

細かい土粒を全体の40%含み、肥料分や堆肥などの有機物が混合している土。踏むと体が軽く沈むくらいのフカフカな土は、植物がすくすくと育つ“おいしい土”なんです。

ふかふかな土の構成要素
www.honda.co.jp</span –>

家庭菜園の土作り

まずは畑の部分をキレイにすることが大事です。除草作業も大事です。これから野菜を作るためい雑草などが生えているだけで余計な栄養分が出てしまうことになります。

畑を耕す?

畑を作る場所全体に、ホームセンターで購入できる苔土石灰を均一に撒きます。目安としては1平方あたり50グラムと覚えておいてください。その後30センチ程度の深さを掘り起こして地ならしをします。

うね立てってなに?

1 2