47808185-7ba3-4226-96e6-12fa632bea95

安心安全の基本!家庭菜園で重要な土作りの方法♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家庭菜園で安心安全を追究した植物を作りたいと考える場合、基本となるのが良い土作りです。丈夫で病気になりにくいに野菜を作るための土つくりの情報をまとめてみました。家庭菜園を始めるのですから、知識をしっかりと得て美味しい野菜を作りたいですよね。

家庭菜園・基本の土作り


http://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=_0.Pyw0XyLEVPOvIwx1qUiawgixk9.jQoOllwvtpkCMpVaGSC0rAU57ShpelteG_zTbaBlsF_uFnCJA_yR4hJKzZPGo4LgNFpyftdpa08Vx4o_VHBTQ3Tvh8wbhFR9D9I43YVarzWk81IZJX7g–&sig=138rsf2tg&x=270&y=186

プランター栽培以外の方法で家庭菜園を始める場合には何といっても畑作りが必要になります。菜園を作る場所の部分をまずは掘り起こすことから始めます。少々重労働ですが菜園を作るためには基本的に大事なことなのです。

菜園を作る土壌の部分を決めます。
雑草等がある場合には、除草剤を使ったり、刈り取るなどして、あらかじめ処理をしておきます。菜園位置が決まったら、紐等で仕切っておきます。
www.cainz.com


http://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=HcCelgkXyLH_tH4UzNtrnGyq6YIshN3roXLrBv4SDyBPtp91j9SsiU4AUkBIsQi9NKUUsq1AldFzb.7GwDQo0yBSqsHq6RCWIn..hfLe52X4YOO8eB3.DKpxhECm4.XucU64OwFZF.axOBSjpg–&sig=1388j1j9r&x=194&y=260

その畑の土壌は大丈夫??

畑の水はけは大丈夫でしょうか?そして通気性の方はどうですか?まずは家庭菜園を始める場所としてそこが適しているのかどうかを判断することが大事です。
風通しや日光の量なども家庭菜園においては重要なことです。

細かい土粒を全体の40%含み、肥料分や堆肥などの有機物が混合している土。踏むと体が軽く沈むくらいのフカフカな土は、植物がすくすくと育つ“おいしい土”なんです。

ふかふかな土の構成要素
www.honda.co.jp


http://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=AaX3TcIXyLEwhk5gk_S.LxcGq50LTc7z_4m8K2UJiTFCi4OfDQTJeV_fxYRPg.Ruf7Ka6ZG1sm6uY0gXX1l5QzQVA7LSrfu7WRnUjvuQnpUN9uG3mT0nKKY6KIfdBrxUTCATCXCew_It6Vlr9g–&sig=138f6b6bj&x=240&y=160

家庭菜園の土作り

まずは畑の部分をキレイにすることが大事です。除草作業も大事です。これから野菜を作るためい雑草などが生えているだけで余計な栄養分が出てしまうことになります。


http://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=4KZmU7AXyLEtmTZd_jdUFyFxzQHm9ta6GoN1QwQVnZn6URKFPlOVRf6.k8569VYidXU2xnOBSrg5ks0CmOKOORtqZWp_qmie_imQxbMU27e2.4mVW2jXHoXEuJqaaSYbV4ngU8cBB..6XFDD3w–&sig=138ubt87t&x=200&y=149

畑を耕す?


http://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=C4J5eakXyLFwEApiZkLOiPfeJNJZrjxxDyfPZddoCDhUY_XpkPCEF.W29_yJYuwfnElLE4WrmNKmZpzHvdrmhpk7.AEOTwLpzqP4EvjigSajM1MVtQznZ56cSkLDa_ALrOSIAi6ps1rsniOImDJa&sig=13aulp9k1&x=225&y=225

畑を作る場所全体に、ホームセンターで購入できる苔土石灰を均一に撒きます。目安としては1平方あたり50グラムと覚えておいてください。その後30センチ程度の深さを掘り起こして地ならしをします。

うね立てってなに?


http://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=eRr_1_cXyLGTaHO0cQ5lfElzzvcxgmkpCY0VyJUp1zo6yeHBGxyZwXB3qziaGgO9EJUykZgk2yubcyYofVgwbbR4Z0qKJhwMtiq2uF5Pqi1kGY7IolZtp08wBi899Nf6UF_ERH_.1XqHQBHBxg–&sig=138l6rvq1&x=261&y=193

まず、うね立てを行うことによって次のようなメリットがあります。最初に地温を上昇させることができます。作物の発育を促進します。
そして排水性が良くなることで根腐れを防ぐことにもつながるのです。

野菜は水はけのよい土壌がお好み

平らな土と比べて高さと幅がある「うね」を作ることで土の表面が乾燥する状態をうまく調整することが出来るのです。

自分自身で家庭菜園用の畑を掘り起こした後にどうすれば良いのでしょうか?ここに残飯などを入れるのは原始的な方法なのですが悪臭の問題が生じてしまいます。
そこでホームセンターで鶏糞か牛糞入りの土を購入します。これを自宅の畑の土に混ぜるだけで土が見事に蘇ります。ちょっとした工夫でよいのです。


http://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=5.vw5W8XyLH9mFi8XWXMo2KFesi7sfTEH_T5tio2r0w7ZhEHQiAFQUGcU5PMrSsJZ2kvv3scTxI.Eovwo3Dc8vKFWCRaZdayuSlmzJr4CQjKnVIbDwqfQHz.mu6oe.wkdBVPX6T9XdGaPhwx6j4M&sig=13a3b4gb5&x=275&y=183

ホームセンターで購入できる土を使って

野菜用の土

ホームセンターの家庭菜園コーナーには数多くの土が販売されています。そこで初心者案の場合にはまずは野菜用の腐葉土を購入することをオススメします。

あらかじめ肥料をブレンド済み


http://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=4kR_6EYXyLG7QL2FNZ50hW3ZyCL46xgDTv.0bh9GT1Vck08kYk3o5aQci32bOs5zDb0YHj04QOROQMv7aVubAIoZSo9BZ7WkrPI9SW3SY.lVZhh6Myp06Dm1QkNxr9_8Jc3l44vTQrYF3Z2VtmyK&sig=13afmrspt&x=225&y=225

野菜用の土の場合には赤玉土や肥料をブレンドしています。まずはこの野菜用の土を使って家庭菜園を始めれば良いと思います。


http://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=YkJz3esXyLEv9W652nwuy4E4HayCc49OPwfE4.LXUkUSoHq51PwG4Sy5f.LGAFeAWJCmB_DzIxu1uplhrSqAA6VLebHJMZQ4v4BcucfuPXk2ETCJucg_PXqfn5Vd5Lolh.30fnANHcROnhAT4d.P&sig=13aorn1o6&x=190&y=265

古い土を蘇らせる

野菜の生育に必要な有機リン酸カルシウムを多く含んでいるものが良い肥料と言えます。糖度が高めの野菜が出来ることが多いのです。既存の土と堆肥を均等に混ぜ合わせることで野菜作りに適した土壌が完成します。


http://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=QFXm6roXyLHC3vLQRgDO4J9WruJqZs9jNQB3Y6lV4rbT.KjEW3T0dxiUXro48t1GIHn3OMCXST_lJfKJcH8iJAIpBz_D39HIcPjd4WWLKU_UEA0CHGI8xaE8kIMT47ntUlmirsdlDMQBK3qVww–&sig=138nunttk&x=225&y=225

堆肥の重要性

造成地に畑を作ろうとすると野菜作りなどの場合にはなかなか良い作物に結びつかない場合が多いようです。そこで堆肥を混ぜ合わせるということで格段に良い土壌が完成します。プランター以外の場所で野菜作りをする場合には推奨します。

美味しい野菜を作るために


http://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=Uu4k4F8XyLH1.t6oMQAzfJM_.PSE5nkIC2NhTy_DW5R71a_MorhJ4uH3tW93zz_DED8cSmA._u3pAHC09ZnzNko.b13grFptlAPRmuG4z_HI86Pedyc8vAYtj6iYLwAVTS1eivtHFlgZyR_euA–&sig=138s9r0s8&x=259&y=194

既存の土に堆肥を土に混ぜ合わせることで土の中にいる微生物が活発に動きだします。つまり土壌改良と言う意味も持つのです。味の品質を上げる事にも繋がっていきます。1平米あたり1キロの堆肥出も良いのです。


http://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=4KZmU7AXyLEtmTZd_jdUFyFxzQHm9ta6GoN1QwQVnZn6URKFPlOVRf6.k8569VYidXU2xnOBSrg5ks0CmOKOORtqZWp_qmie_imQxbMU27e2.4mVW2jXHoXEuJqaaSYbV4ngU8cBB..6XFDD3w–&sig=138ubt87t&x=200&y=149

最後に


http://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=upGKMGEXyLHfG_nJ74RgkhZEjCNvSNaxBpQTr2Prk7qVsfoOelveVtZBSjq3XFx3jPz6ayXM0Uo6xP2QGdmasmoR8Yygk8tmG258KC_A97BSjVbbaYytGJLlzRGkyc24u5_KwywLg6VmBzeQpCsg&sig=13apmd0sq&x=275&y=183

家庭菜園を始める時には土作りを大事に考えておきましょう。素人の場合には迷う場合も多々あると思いますが、ある程度畑づくりを熟知しているホームセンターの店員さんにアドバイスを得る方が無難だと思います。
最初から自分で全て完璧な土作りを行うのは難しいことです。
購入できる堆肥などをうまく既存の土とブレンドさせることから始めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Findyの最新情報をお届けします