アロマキャンドルの上手な使い方♪長く楽しむためのコツとポイント

知っておくと役立つキャンドル豆知識

アロマキャンドルを最後まで使い切るコツのほかに、知っておくと便利な豆知識があります。今すぐに使える知識なので、ぜひ試してみてください。

芯の長さで炎の大きさが変わる

キャンドルの芯が長くなると、炎は大きくなり、逆に芯が短くなると、炎は小さくなります。ベストな芯の長さは、5mm程度です。あまりに長い芯は炎が大きくなりすぎるため、カットしてから使用しましょう。また一度使うと、芯の先が黒く焦げた状態となります。2度目以降に使う際には、黒くなった部分をカットすると良いでしょう。

フッと消すのは間違い!?

キャンドルを消すとき、ほとんどの人が息をフッと吹きかけて消します。簡単で時間のかからないため便利ですが、実はあまりおすすめできません。息で火を消すと、火がほかのものに燃え移ったり、火傷する恐れがあるからです。

キャンドルの正しい消し方をご紹介します。専用の道具もありますが、ピンセットや割り箸で芯をつまみ、溶けたロウにつけて火を消すのが正しい消し方です。こうすると、安全なだけではなく、消した時の煙が出にくく、焦げ臭さを防止することができます。

保管のコツ♪家具を守りながら飾ろう

キャンドルの原料はロウですから、熱には弱いです。そのため、直射日光が当たる場所や高温になる場所での保管には不向きです。高温となる場所で保管すると、べた付きが生じ、ホコリがつきやすくなります。瓶タイプのキャンドルは、自立タイプに比べて、そういった心配はありませんが、インテリアとして活用されるキャンドルの多くは、自立型です。そのため飾る場所には注意しましょう。

キャンドルを保管に適した場所は、冷暗所です。インテリアとして利用する際には、温度に注意しながら、定期的にホコリを除去しましょう。ホコリの除去には、濡れた布で拭き取る方法がおすすめですが、芯の部分には布が当たらないように注意してください。

芯に水分が含まれると、燃えにくくなるだけではなく、灯している間バチバチと音が鳴ってしまう可能性があります。また、キャンドルを飾る際には、受け皿などを使用し、直接家具や布に当たらないようにしましょう。精油やフレグランスオイルを使ったキャンドルを直に置くと、シミになってしまいます。